FC2ブログ

河内國 土師 道明寺・道明寺天満宮 【(勝手に)御朱印de大坂の陣】

近鉄道明寺駅下車、徒歩数分のお寺さん&お宮さん。
元々は土器・埴輪をつくる土師氏のお守りの神社を前身とし、その後、仏教伝来とともに推古天皇の時代に聖徳太子の発願でできたお寺さん=土師寺がベースになったところ。
戦国時代に、織田信長の高屋城の戦いで社殿を焼失するなどあったものの、その後、再建・焼失・再建を繰り返し、明治を迎えて、神仏分離令をうけて、お宮さんとお寺さんに分かれて現在に至るようです。
大坂夏の陣、後藤又兵衛が討たれた道明寺の戦い・小松山/玉手山は、道明寺駅からお寺さん・お宮さんの逆方向にあります。
道明寺天満宮さんの境内には、真田丸のポスターとともに「道明寺の戦いが放映されました」の文字が。。。
イイと思います。

河内國 道明寺 
道明寺2

道明寺天満宮 
道明寺天満宮2

道明寺は菅原道真公の第二の故郷らしいです。
お宮さんの境内には梅林が広がっていて、おそらく、そのシーズンには見事なんだろうなと予想できるほどのところです。
その季節にピッタリのお菓子・桜餅。
昔、東京に勤めていた頃に、おそろしいことに関東(だけ?)には、まったく違った形の桜餅が存在することを知りました。
しかしながら、日本の多数派のあの桜餅も、名前を変えてですが、店頭で手に入ります。
その名も「道明寺」。
個人的な意見としては、あのヒョロ長いピンク巻き餅を別名で売るべきだと今でも思ってます。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


河内國 恵我藻伏岡陵南 誉田八幡宮 【(勝手に)御朱印de大坂の陣】

西名阪道藤井寺ICより、車で数分のお宮さん。
このあたり、いくつかの古墳が見えますが、応神天皇御陵南に誉田八幡宮さんはあります。
大坂夏の陣、誉田の戦いで真田幸村が陣を布いたところとして、ここも聖地とされているようです。

河内國 誉田八幡宮 
誉田八幡宮2

誉田の戦いで、真田幸村隊は徳川方の伊達政宗隊と対峙、戦国武将で人気2トップの遭遇場所ですが、お宮さん側では、あんまりその“推し”はないみたいですね。一応、境内に「誉田林古戦場址」碑はあるみたいですが。。。
しかし、二人ともその頃には40代後半、今でいうとナイスミドルな感じでしょう、そんなリアルな感じのドラマも見てみたいです。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

真田幸村公戦死の地 安居神社 【(勝手に)御朱印de大坂の陣】

天王寺茶臼山近くのお宮さん。
天王寺口の戦いで、家康本陣に迫るも、力尽き引きあげて休息をとっていた真田幸村公、このお宮さんで討たれたとされており、今風で言えば、真田ファンの聖地だそうで。。。

天神山 安居神社 
安居神社2

お宮さんの境内には「真田幸村公戦死之碑」と「真田幸村公之像」があります。
銅像は戦国武将像ではめずらしい片膝たてた座像です。
戦国武将像で座像はあと、石田会館や龍潭寺の石田三成像くらいですかねぇ。

安居神社の真田幸村像は決して、イケメンやアニメキャラでもなければ、ナイスミドルでもない、何か、中小企業の課長か、地方の信用金庫の支店長代理って感じのおじさん顔です。
まぁ、でも、がっかりするほどではないかな。

あと、御朱印いただくところでは、お宮ネコさまがゴロゴロ言ってお迎えしてくれますので、そんなの目当てでも良いお宮さんだと思います。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


浪華茶臼山 堀越神社 【(勝手に)御朱印de大坂の陣】

天王寺駅から歩いて数分、天王寺公園近く茶臼山のお宮さんです。
大坂冬の陣では徳川家康、夏の陣では真田幸村が陣を布いたところ、陣跡の碑はもうちょっと行ったところにあります。
天王寺は、公園や動物園があったり、日本仏教元祖のでっかいお寺さんがあったり、日本一のビルがあったりと、ホントにスゴいトコロなんですが、何故にあんなにキャラクターの濃いお人が多いのか?

浪華茶臼山 堀越神社 
堀越神社

なにわを“浪華”とは、なかなか。。。
都会のお宮さんで、暗くなっても提灯がボーっと浮かんでたり、なかなか雰囲気があります。
御朱印はいたってシンプルですね。

天王寺のア○ホテルはお宮さんのすぐ近く。いろいろ物騒ですが、何にもないことを祈ります。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

大日本佛法最初 四天王寺・庚申堂 【(勝手に)御朱印de大坂の陣】

大阪のツインランドマーク通天閣&あべのハルカスを擁する天王寺、そして、もうひとつのランドマーク五重塔を擁するお寺さんが四天王寺です。
何回か伺いましたが、都度、中国人観光客の団体がいらっしゃってて、五重塔内をスムースに周れたことがありません。
そして納経所に伺いますとその札所の種類の数に驚かされます。
数えてませんが、多分、20種類ほどあるのではないでしょうか。

四天王寺(大悲殿) 
四天王寺2

大坂夏の陣では、五人衆の毛利勝永が南大門に陣を布いたとのこと。

四天王寺 庚申堂 (青面金剛童子)
四天王寺庚申堂

幸村は庚申堂に伏兵を置き、穴山小助を影武者に出陣したらしいです。

さすがに庚申堂にお参りする中国人さんはあまりいませんでした。
でも、四天王寺境内には、ホントに中国人が多い。。。
確か、天王寺にもア○ホテルあったんじゃないかな。
全国の要所に○パホテルがある現在、中国人観光客、本当にアパ○テルに泊まれなかったらどこに泊まるんだろうね。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR