FC2ブログ

赤間関 阿弥陀寺 赤間神宮

赤間神宮は、本州の西の玄関口・下関にあるお宮さんです。
元々は阿弥陀寺として9世紀に創建、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇をお祀りする御影堂ができ、明治の廃仏毀釈により神社になったというお宮さん。
竜宮城のような水天門と拝殿がキレイです。
また、耳なし芳一をお祀りする「芳一堂」があったりと、色々な歴史があるお宮さんです。


赤間関 阿弥陀寺 赤間神宮 
赤間神宮

廃仏毀釈でなくなったとはいえ、阿弥陀寺はその地名になってのこっていますので、赤間神宮さんの住所は阿弥陀寺町となってます。
先日、連載最終回を迎えた戦国マンガ「へうげもの」では、マンガ連載の初期の頃に秀吉さんが九州攻めを前に、軍議で「初花」「新田」と並ぶ天下の三肩衝「「楢柴」を筑前の秋月より奪いとる宣言をする舞台として阿弥陀寺が描かれています。
また、秀吉さんは、佐々成政さんとここで歌を詠んだとも。
お宮さんの宝物殿には、平家物語ゆかりのものとともに、秀吉公寄進のものもあったり。

そして、お宮さんからちょっと離れたところでは、文禄の役の際に大政所危篤の知らせをうけて、秀吉が航路にて帰郷する際に関門海峡を渡るときに座礁してしまった引責で切腹した船頭の明石与次兵衛を慰霊する「与次兵衛ヶ瀬の碑」がありますし、それこそ戦勝祈願した亀山八幡宮があったりする等、下関は秀吉さんに所縁の深いところでもあったりします。もう少し時間を割いてゆっくり周ってみたら、面白いトコロいっぱい発見しそうです、下関。

あと、赤間神宮さんの壇ノ浦はじめ、平家物語ゆかりの一の谷、屋島、宮島で平家物語巡りの御朱印があるみたいです。
御朱印絡みでいろいろ企画があるみたいですね、イイと思います。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR