FC2ブログ

雲洞庵の土ふんだか、関興寺の味噌なめたか

雲洞庵さん、関興寺さんとも、新潟県中南部、南魚沼市にある大きな&大きなお寺さんです。
お互いの距離は直線距離なら数キロ程度、車でゆっくり行けば30分弱ってところでしょうか。
以前、上杉景勝さんと直江兼続さんの学びのお寺さんとして有名な雲洞庵さんにお詣りしましたが、どうも関興寺さんとセットでワンパックって感じのことを伺いましたので、改めてふたつのお寺さんに伺いました。

雲洞庵 
雲洞庵2

「日本一の庵寺・越後一の寺」と謳っているとおり、見事なお庭に立派な参道、でっかいお堂、客殿からは天地人コンビゆかりの坂戸城をのぞむことができます。
赤門から本堂へつづく参道の敷石の下には法華経の一文字一文字が書かれており、その石畳を踏むだけで仏さまの功徳があるとされることから「雲洞庵の土ふんだか」といわれるようになったとのことです。

関興寺 
関興寺

雲洞庵さんから、車で30分弱西の関興寺さん。
もともと昔から、曹洞宗の雲洞庵さんと、臨済宗の関興寺さんが「二大禅道場」として評され、この地方に君臨していたそうです。
そして、謙信公亡き後、家督争いが起ったいわゆる「御館の乱」の中、総門・三門・仏殿など焼失してしまったものの、その戦火の中、数百巻にわたる経典が、和尚さまの機転により、味噌桶の中に隠し守られたというお話があるそうです。
で、その経典を守った有難いお味噌をいただかないと関興寺さんにお詣りにいった甲斐がないということから、「関興寺の味噌なめたか」という言葉ができたそうです。

「土ふんだか」か「味噌なめたか」のどちらが先かよくわかりませんが、御朱印みても、どちらかが寄せているとみて間違いないでしょう。
でもコンビでいただけて、非常に満足しています。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR