法隆寺

ご存知、世界遺産にして国宝天国、斑鳩の里の本拠地・法隆寺さんです。
ここも日本人なら一度はお詣りすべきトコロかと。
千数百年も続く奇跡、個々の建物ひとつひとつも美しいし、伽藍配置とかは、よくわかりませんが、調和されたコンビ芸・グループ芸も素晴らしいです。建ち続いた理由も深く知りたいところです。

法隆寺 
法隆寺

白鳳時代から1400年超ずっと建ちつづけるのも相当なものですが、数々の修復を経て、いま現在があり、江戸時代初期には、豊臣秀頼によっても修造があったとのこと。

近畿地方の古社・古寺をお参りすると、やたらと耳にするのは「豊臣秀頼寄進によるもの」という言葉。
天下人となった家康が、大坂城の蓄財を減らす目的で、秀吉を弔うため寺社寄進をさせたとのことですが、いったいどれだけさせたんでしょうか。
西国三十三観音霊場、二十二社や近畿の一の宮など、ウロウロしていると、そこかしこに「秀頼公寄進」、、、
かえって豊臣びいきが増えたんじゃないですかね。

「関西」って言葉はいつごろから生まれたんでしょうか?
少なくとも私が幼少のころは「近畿」の方が馴染みがあった気がしますが、今では「関西」の方がよく口にします。
今でも都は京のことと思っている京都の人たちは、やはり、まだ「近畿」なのかも、、、



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR