津島神社・那古野神社・清洲山王宮 【(勝手に)御朱印de信長のお城】

織田信長公ゆかりのお城周りのお宮さんです。
小牧山城を築く前の信長公のお城は館城であり、最近、流行りの山城好きの方たちには物足りないかもしれません。
当然、周りのお宮さんも平たい土地にありますので、厳しい石段などは皆無です。

津島神社 
津島神社2

津島神社の総本宮。津島の天王さまとして、地元の方のみならず多くの人々から信仰をうけているお宮さんです。
天王まつりは、今でも、たくさんの人が来ますが、ドラマでは信長公も楽しんでる姿があったり。。。

信長公生誕の城=勝幡城は、津島から北西数キロ、名鉄津島線で2駅です。
勝幡の駅には、勝幡城の模型があったり、織田信秀(ダンカン風)&土田御前(ラッシャー板前風)の銅像もあったりします。

那古野神社 
那古野神社2

名古屋城近くにあるお宮さん。元々は名古屋城の三の丸にあったそうですが、大坂の陣前の名古屋城築城により現在地に移ったとのことです。境内は織田木瓜紋が見えたりしますので、織田家推しのお宮さんなのでしょう。

名古屋城二の丸には、「那古野城跡」碑があるそうなのですが、今まで何度か名古屋城に登城しているものの、一回もその碑を確認したことがありません。残念。
つい最近まで、信長公は那古野城で生誕したと言われてましたが、今は、その説は否定的なようです。
名古屋城には「名古屋おもてなし武将隊」がパフォーマンスされてますが、そういえばメンバーに「名古屋城主」いないんだね。。。


清洲山王宮 日吉神社 
清洲山王宮日吉神社3

清洲城近くのお宮さん。近くと言っても歩いていくと結構な時間かかりそうな距離です。
お宮さんでは信長公が火起請の立会をしたとのこと。

現在の清洲城には、立派な模擬天守が建ってますが、もちろん、信長の時代には、天守はなく、館城のはず。
信長ゆかりの地を謳うのであれば、がんばって、館城を復元してほしいですね。


勝幡城、那古野城、清洲城及び周辺のお宮さんを巡るにあたり、またも&またも、以下の本を参考にいたしました。

信長の城




勝幡城、那古野城、そして清洲城について、この本では「信長の城の原風景」として解説しています。
それぞれのお城のスケール感なんかは、当然、現地に行ってみるしかわからないのですが、城下の様子などは、行ってみるだけではなかなか想像もできないので、本を読んでから向かったことは正解だったと思います。

でも、わかっていたことと言え、清洲城の模擬天守が、信長のころのお城ばかりか、その後の信雄のころのものや清洲越し前の徳川義直のころのお城とも場所が異なるなどと改めて知らされると、何だか興ざめです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR