伊奈波神社・岐阜善光寺・橿森神社・崇福寺 【(勝手に)御朱印de信長のお城】

今年2017年、命名450年を迎え盛り上がっている(?)岐阜のお宮さん&お寺さんです。
とは言え、「岐阜まつり」とはその実「道三まつり」であったり、シュミのよろしくない「黄金の信長像」が岐阜駅に聳え立っていたりと、信長愛があるのか無いのかがイマイチよくわからない街であったりします。

伊奈波神社 
伊奈波神社2

伊奈波神社は、岐阜城の前身である稲葉山城を斎藤道三が築く際に、今の位置に移したといわれるお宮さん。
以来、お城の鎮守としたということです。


岐阜善光寺 
岐阜善光寺2

甲州征伐の後、甲斐善光寺より、ご本尊・善光寺如来を伊奈波神社近くに移したが、本能寺の変の後、甚目寺、鴨長寺、甲斐善光寺、方広寺に移った後、信濃の善光寺へ戻ったが、岐阜城主となった織田秀信(あの三法師)がこの地に善光寺を建立したとのことです。


橿森神社 
岐阜橿森神社2

建勲神社
岐阜建勲神社2

信長が楽市楽座を開いた際、市神として祀った「御薗の榎」があります。また、橿森神社の本殿より目立つ摂社の建勲神社には、幟旗がいっぱいです。社務所の中には「信長協奏曲」の映画キャンペーンとして北海道のショッピングモールが実施した「信長さまにお願いを」の絵馬風ポストイットが行き場をなくしていたりしました。


崇福寺 
岐阜崇福寺2

織田信長・信忠親子の廟所があったり、関ヶ原の戦いの前哨戦で岐阜城に立て籠もった織田秀信の家臣が切腹した際にその血が沁みついた床板を天井にしている、いわゆる「血天井」があったりとなかなかの戦国名所となってます。

以上が、岐阜城周辺の信長公ゆかりの寺社で御朱印いただけるところですが、岐阜命名450年とは、あんまり、関係なく、いつもと変わらない人出のようでした。

岐阜城のある金華山や岐阜公園は、行く度にいろんなモノが出来てます。
この前伺ったときは、山麓にある謎の三重塔が完成間近のようでした。アレはどういうつもりなんだろう?
岐阜公園近くの岐阜歴史博物館には、戦国時代の展示や美濃焼コーナーもなかなか面白かったです。あまり期待してなかっただけに、一層よかったかも。

岐阜城及び周辺の寺社を巡るにあたり、またも、以下の本を参考にいたしました。

信長の城




この本、岐阜城については、山麓館についての発掘調査結果とルイス・フロイスの日本史での記載ぶりを比べて詳細に解説するのを皮切りに、岐阜城下町の様子、上洛戦までの解説が続きます。
山麓館というのは、金華山ロープウェイの山麓駅付近にある「信長館跡」のことなのだろうか、だとしたら、ちょっとスケール小さくないか?とかブツブツ言いながら、ロープウェイになかなか乗らずウロウロしてました。多分、不審者されていたと思います。

最近、城歩きの雑誌が多く出版されていますが、どれがイイのか迷ってしまいますね。
誰かレクチャーしてくれないかね。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR