小牧山 間々観音 【(勝手に)御朱印de信長のお城】

信長公が初めて築いた居城=小牧山城の西側にあるお寺さん。
知る人ぞ知る「おっぱい観音」、手水鉢の上に2つのおわん型物体の先から水が飛び出るギミックがあったり、絵馬もおっぱい付き。
その頃から「おっぱい推し」だったかどうか、わかりませんが、元々お寺さんは小牧山にあって、信長公が小牧山城を築く際に、移転させられたとのことです。

小牧山 間々観音 
小牧山間々観音2

信長公の居城に限らず、山城・平山城を攻めて、てっぺんまで到達した気分はやっぱり気持ちイイですね。
それが、たとえ、車やロープウェイを使ってもです。
観音寺城、岡豊城、春日山城、、、イイですね。
是非、ヘンテコなコンクリート製の謎の天守を作るのだけはやめてほしいですね。
麓の博物館に小さいスケールの模型があれば充分かと。

小牧山城は、小牧・長久手の戦いで家康本陣になったこともあり、信長時代のものとは異なるものの、その後、徳川家管理となったことから、城郭保存の状態はかなり良かったとのことです。

信長公のお城を巡るにあたり、以下の本を参考にいたしました。

信長の城




去年、真田丸で忙しそうだった奈良大学の千田学長が執筆。
小牧山城については、お城の構造の解説だけでなく、清洲からの移設の意義や、これまで大がかりものは無かったとされる城下町の存在を導き出す等、興味深いことがいっぱい。
おっぱい観音の近くのモスバーガーで読書した後に城攻めすると、なかなか楽しいかもです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR