沓掛 聖應寺・慈光寺 【(勝手に)御朱印de桶狭間の戦い】

愛知県の中央部、尾張と三河の境というべきでしょうか、豊明市にあるお寺さんです。
桶狭間の戦いのあった古戦場公園からは3Kmくらい、今川義元が結果的には最期の夜を過ごした沓掛城があった「沓掛城址公園」があります。
桶狭間の戦いゆかりの地である、名古屋市緑区や豊明市、車を走らせていくとよくわかるのですが、その地形の特徴はこんな感じです。
・道は北西から南東に通る旧街道をベースにしているものの、道はぐるぐる・ぐにゃぐにゃに入り混じっている(東西南北90度でまっすぐの区画は皆無?)。
・坂がいたるところにあり、そこら中がアップダウンになっている。
・人工的なものかよくわかりませんが、池&小川だらけ。

そんな所でも、割と平らなところにあるのが沓掛城址公園です。近くには高校や小学校もあったりしますが、公園自体はホントに整備されていて、16世紀中旬、ココに城・砦があったような場所とは思えないような感じです。

沓掛 聖應寺 
沓掛聖應寺

聖應寺(文殊菩薩・桶狭間十三佛朱印巡り) 
沓掛聖應寺(文殊菩薩)

聖應寺(普賢菩薩・桶狭間十三佛朱印巡り) 
沓掛聖應寺(普賢菩薩)

聖應寺(勢至菩薩・桶狭間十三佛朱印巡り) 
沓掛聖應寺(勢至菩薩)

聖應寺さんは、沓掛城址公園から徒歩数分、立派な山門が目印です。
桶狭間合戦から8年後に創建された寺院で、私は確認できませんでしたが、織田信長・信忠親子のご位牌もあるとのことです。

慈光寺(阿弥陀如来・桶狭間十三佛朱印巡り)
沓掛慈光寺(阿弥陀如来)

慈光寺(薬師如来・桶狭間十三佛朱印巡り)
沓掛慈光寺(薬師如来)

慈光寺さんは沓掛城址公園のピッタリ裏にあるお寺さん。
桶狭間の戦いで一番の戦功のあったとされる簗田政綱(戦国マンガ「信長協奏曲」のサブローによって命名された男=リーダー・まさ)の家臣によって、戦死者供養のために建立された庚申堂がはじまりとされるとのことです。

このお寺巡り=豊明商工会は地域活性化のためのプロジェクトとして「桶狭間十三佛朱印めぐり」と称し、御朱印帳をご用意して推しています。

桶狭間十三佛朱印巡り御朱印帳 
桶狭間十三佛巡り御朱印帳

この霊場めぐりは豊明市内の6ヶ寺13佛をお参りすることになるのですが、結構、距離離れていますし、特に、沓掛なんかは公共交通機関ではなかなかアクセス大変そうですね。お車でのアクセスが一番かと思います。
まぁ、そもそも、巡礼に交通の便利さを求めるのはおかしい話かもしれませぬが、、、



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR