榎白山神社 【(勝手に)御朱印de桶狭間の戦い】

榎白山神社さんは、名古屋市の西北部、西区役所や西警察近くのお宮さんです。
お宮さんの由緒書きによると、織田信長公が桶狭間合戦出陣の砌、通路先ずこのお宮さんに奉幣され戦勝の後亦、凱旋記念として太刀一口を喜納されたとのこと。
このあたりは、名古屋駅の北およそ1Kmくらい、アクセスで一番良いのは地下鉄の浅間町駅下車500mほどでしょうか、ちなみに駅から逆方向に行けば、名古屋城の西南で加藤清正公のカッチョイイ銅像のある名古屋能楽堂があったりします。
あるいは、名鉄栄生駅からアクセスする方法もありかもしれません、辺りには、豊田自動織機のミュージアムがあったり、ノリタケ・チャイナの小洒落た施設などがあります。探せば周辺に観光施設はありますが、このお宮さん目当てに観光客は来ない感じです。


榎白山神社 
榎白山神社


もう少し、この地域を説明すると、清洲のお城からは4~5Kmくらいでしょうか、お宮さんのご由緒書きにあるとおり、最初の戦勝祈願所だったとしても不思議ではないかもです。
今では確認もできませんが、このお宮さんは昔の美濃路・美濃街道沿いだったそう。
美濃路は、東海道の宮宿(つまり熱田あたり)から清洲や墨俣、大垣を通り中山道の垂井宿までを繋げる街道です。垂井のすぐ隣は関ヶ原・米原ですから戦国時代ゆかりの地が連続して見受けられるなかなか稀有な街道かもしれません。

現在のお宮さんは国道22号線より少し北へ入ったところにあります。
22号をずっと東南方面へ進むと名古屋城の南西に突き当たります。そこから真南に下がるバカ広い国道19号になり、5~6Kmで熱田神宮になります。

晴れた日に、自転車なんかで清洲から白山神社・大須・熱田と信長公記に記載のように「一気に駆け付けてみる」といったお宮参りも悪くないかもしれません。(絶対、3時間30分もかかりませんけど、、、)



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR