梨木神社・廬山寺・白雲神社・宗像神社・菅原院天満宮

日本の首都・京都の中心であり、かつ、京都が首都たる由縁の京都御所及び御苑周辺のお宮さん・お寺さんです。

信長公記によると、1581年、畿内及び近隣諸国の大名・武将を召集、駿馬を集めて、京都馬揃えを行い、天皇にご覧いただいたとしてます。馬揃えに際し、内裏の東側に南北に長さ八丁(873m)の馬場を築いたり、内裏の東門築地の外に仮の宮殿を建てたりしたそうです。
現在で、どの場所かどうかなどは正直わかりませんが、ひろ~い・ひろ~い御苑をトボトボ歩きながら“内裏東”ってことは、あのあたりかなどとブツブツつぶやきながら、散策していたので、多分かなりキショイ奴と見られたに違いありません。

以下のお宮さん・お寺さんは、ほぼ戦国武将にゆかりないと思いますが、御朱印いただけたので、一応、ご紹介まで、、、

梨木神社 
梨木神社

梨木神社さんは、御苑の東にあるお宮さん。萩の花や紅葉の季節に賑わうそうです。

廬山寺(元三大師) 
廬山寺(元三大師)

廬山寺(紫式部邸宅地) 
廬山寺(紫式部宅地)

廬山寺さんは、梨木神社さんのすぐ近く、紫式部が生まれ育ち「源氏物語」「紫式部日記」を執筆したとされる邸宅跡に建ったお寺さんだそうです。
見事な枯山水のお庭ですが、初夏には桔梗が素晴らしいようで。。。

白雲神社 
白雲神社

宗像神社 
宗像神社

白雲神社さん、宗像神社さんは、どちらも御苑内にあるお宮さん。
御朱印いただいた方は、すんごい愛想の良い方だった記憶があります。

菅原院天満宮 
菅原院天満宮

菅原院天満宮は、御苑の南東部・閑院宮邸跡の筋向いの天神さん。
地下鉄・丸太町駅すぐです。
天神さんの裏は、女子高ですが、そこには、信長公とも縁の深い旧二条城跡があったりします。

京都の方に言わせると、未だ日本の首都は京都だそうで、正式に首都を東京にするといった法も宣言もないからだそうです。
考えてみれば、「京」も「都」も、近畿地方の「畿」も、すべて「みやこ」の意。
首都がどこかは、私にはどうでもいいですが、二ヶ月が三ヶ月に一度はお参りに行きたい街ではあります。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR