宇治 平等院鳳凰堂

京都府南部のスーパー観光地・宇治=京都市民曰く「宇治は良いトコですけど、京都では、、、」で御馴染みの宇治です。
お茶どころだったり、結構お世話になっているはずですが、みやこびとの言草はなかなかです。
鳳凰堂は、想像していたよりも大きく、お堂の仏様もかなりの大きさに驚きました。
池の前の正面から、10円玉と記念撮影するのは「平等院あるある」でしょうか。
多分、富士山見て1000円札と撮影とか、守礼門見て2000円札と記念撮影とかはしないだろうから、10円玉パワーはスゴイなと思います。10000円札の鳳凰はどこのなんだろう、、、
まあ、そんなことするのは日本人だけであり、それを不思議がらないのも日本人。
こころなしか、中国人観光客率も低めに感じました。

平等院(阿弥陀如来) 
平等院(阿弥陀如来)

平等院(鳳凰堂) 
平等院(鳳凰堂)

宇治は、将軍足利義昭と織田信長公が対立した「槇島城の戦い」の舞台となったところ。
戦国マンガ「信長(原作・工藤かずや、作画・池上遼一)」では、信長本陣が平等院に布かれていたようになっており、鳳凰堂に織田木瓜紋の垂幕がかかっている絵がなかなかでした。このマンガがアニメになればメチャクチャかっこいいのに。。。

槇島城跡と平等院は、離れてないっちゃあ離れていませんが、決して近くないと思います。
槇島城跡は正直、観光客は殆ど足を運ばないところですし、お城の感じは全然ないですね。

平等院に行ったのも、約1年前ですか、もう少し暖かくなったら、もう一度行ってみたいです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR