京都 豊国神社 御朱印帳袋 (タケノコ男)

京都、三十三間堂や京都国立博物館の近く、豊国大明神さま、つまり豊臣秀吉公をお祀りするお宮さんからいただける御朱印帳を入れるための袋です。
ちょっと前のブログで、戦国武将ゆかりのお宮さん・お寺さんでも「御朱印帳袋」をいただけるところは、まだまだ少ないと書いた気がしますが、いえいえ、今では結構あるそうで、知らないのは私だけということでした。おろかでした。。。
で、そのお宮さんのひとつ、豊国神社さんの御朱印帳袋です。
しかも、3種類もあるとのことで、やっぱり、京都の御朱印環境の充実さはサスガですね。

京都 豊国神社 御朱印帳袋 (タケノコ男) 
京都豊国神社御朱印帳袋

で、3種類あるというのは
・秀吉公の羽織の襟部分の文様(キンキラキン)
・桐・鳳凰の文様(シブい緑地に黄金色の模様)
・桃山のゆるキャラ=タケノコ男

の3種類で、2016年の秋から頂けたようですが、すぐ品切れになってしまうとのことで、私が伺った時は、羽織襟と桐鳳凰が品切れで、このタケノコ男のみがありました。
私としては、この「タケノコ男」こそ欲しい逸品でしたので、大変ラッキーでした。
タケノコ男は、中国の故事にちなんだもので「豊国祭礼図屏風」の中にいるそうです。
お宮さんの宝物館にある豊国祭礼図屏風で、ヤツを探そうとしましたが、全然見つかりませんでした。
ウォーリーなんてのは目じゃないですな。
できれば、私としては「タケノコ男」で“袋”だけでなく、御朱印帳も作ってもらいたいです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR