大山崎 妙喜庵

JR山崎駅より徒歩0分、本当に目の前にあります。
天下分け目の天王山の入り口・スタート起点となる大山崎にあるお寺さん。
日本に三つしかない国宝の茶室「待庵」があり、目の前で確認できます。

この茶室、天王山の戦いの後、山崎城築城の折、秀吉公が千利休につくらせたとされるものですが、陣内からか利休屋敷からかわかりませんが、こちらへ移築されたということだそうです。

大山崎 妙喜庵
大山崎妙喜庵

名家の生まれからではなく、百姓から天下人となった豊臣秀吉。
秀吉同様、名家の生まれではなく、茶の湯の天下人となった千利休。
戦国武将ゆかりの地・お寺さんを訪ねると、やはり、何らかの形で登場する茶人を中心とした文化人たち。
今度、戦国文化人の括りで御朱印めぐりしても面白いかもです。

なお、妙喜庵を拝観するには、予約が必要で拝観料も1000円と、ちょっとだけ敷居が高め。
茶室「待庵」の原寸大再現が、近くの「大山崎歴史資料館」にありますし、もう一つ、千利休の故郷、堺市の利休屋敷跡近くの「さかい利昌の杜」には“さかい待庵”があり、そちらは茶室の中に入ることも可能なので、そこで体験してみてからというのもアリかと思います。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ



にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR