戦国マンガ×御朱印天国 はじめます。

戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんをお参りしてきましたが、大体区分すると以下のとおりかと、、、

・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など

戦国時代へ想いを寄せるには、お寺さん、お宮さん、お城へ直接行って体感した上で、四百数十年前をイマジンするのが一番だと思います。そのイマジネーションを助けるものとしては、その地元の資料館、博物館やお宮さん、お寺さんの宝物館、お城の展示物でも良いですが、あまたある戦国マンガの絵/画で想像(あるいは妄想)を広げるのも良いかと思います。
そう考えると、上に書いた場所は大体カバーされるんですよね。

また、逆に、戦国マンガを楽しむために、その現場=聖地にお参りするのもアリかと。

「信長協奏曲」「へうげもの」「センゴク」あたりからでどうかな、、、
「花の慶次」はフィクションが過ぎるので場所特定はできないし、ムリか、、
まあ、来月あたり、ネタがもうちょっとたまってから始めようかと思います。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ



にほんブログ村


2017-03-11 追記

ちょっとネタが集まらず、かつ、どう展開してよいかアイデアも沸かないため、コレ無期延期です。
でも、結構面白そうなので、すぐはじめちゃうかも、、、 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR