FC2ブログ

島津十五代 大中公霊廟 松原神社

松原神社さんは、鹿児島一の繁華街、天文館すぐ近くのお宮さんです。
戦国・島津最盛期の当主・島津貴久さんをご祭神としてお祀りしています。
島津貴久さんは、島津義久さんや義弘さんら、四兄弟のお父上で、薩摩統一や大隅への領土拡大を成し遂げた御仁です。

お宮さんの地名は「松原町」。お隣の町名は「南林寺町」。何だか、そういうことかと思いはじめました。


島津十五代 大中公霊廟 松原神社 
松原神社


鹿児島県内、島津の殿様をお祀りしているお宮さんはいくつかあるみたいですが、元はお殿様の菩提寺で大規模寺院となり、維新の廃仏毀釈の波により廃寺となって、そのお殿様をご祭神とする神社へ代わっていくパターンをいくつか見ました。
松原神社さんも、島津貴久さんの菩提寺・南林寺さんが廃寺になりお宮さんに代わったところ。
南林寺さんの山号は「松原山」、そのままお宮さんの名前になったようです。
で、町名はそのまま南林寺町というのが残ったわけですね。

お宮さん自体は「街の神社」って感じのこぢんまりしたイイ感じです。
御朱印にも見えますが、お宮さんのあちこちに「丸に十字紋」があったりします。
天文館の喧騒に疲れた方は、お宮さんで一休みってのもアリかもです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



スポンサーサイト



玉龍山 福昌寺

福昌寺さんは、鹿児島県西部、薩摩川内市にあるお寺さんです。
九州三十六不動霊場の第17番札所。
ちょっとした川沿いの、のどかな場所にあるお寺さんです。
薩摩で、玉龍で福昌寺とくれば、島津家墓所ですが、このお寺さんは、鹿児島市内から少し離れた薩摩川内市。
何やらまた、ややこしそうなお話がありそうな感じです。

玉龍山 福昌寺 
福昌寺


維新の廃仏毀釈の波で廃寺になった福昌寺さんも、結局、跡地に復活されることはなく、現在は墓地のみ(といってもなかなかのもの)が残るものとなっています。
で、その後、薩摩川内市にお寺さんが復活したのですが、寺宝とか少しでも引き継がれたのでしょうかね。。。
鶴嶺神社さんの縁起から考えれば、薩摩川内まで持ち込まれたとは思えないですし。。。

でも、薩摩川内の福昌寺さんも、立派なお堂があったり、境内には、お仁王さまやお不動さまといったギミックもあったりしますので、これはこれで良いかと思います。

徳重の妙円寺さんもそうでしたが、何ていうか、薩摩の廃仏毀釈はちょっとエゲツないです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


島津家御霊屋 鶴嶺神社

鶴嶺神社さんは、鹿児島市の中心地から東へ数キロ、旧島津家の別邸址庭園の仙巌園や幕末薩摩の近代化事業の工場跡である集成館等があるこのあたりに、かなり目立つところに建つお宮さんです。
上記のとおり、こちらは仙巌園、尚古集成館といった鹿児島の一大観光エリアで、お庭からは桜島も望めます。


島津家御霊屋 鶴嶺神社 
鶴嶺神社

お宮さんは、かなり目立つところにあり、仙巌園とは別にしてお詣りすることができますが、お宮さんに人が常駐しているわけではないので、御朱印は仙巌園の入り口近くの案内所で書置きのものをいただけます。

お宮さんのご祭神は、歴代島津家当主さん等。創建は、明治維新とその頃の廃仏毀釈に起因。島津家歴代の菩提寺だった福昌寺も廃仏毀釈の影響で廃寺。その代わりに祖先を祀る竜尾神社を「鶴嶺」という土地に創建。その後、現在の土地に遷座したときに社名を旧鎮座地名をとって「鶴嶺神社」としたそうです。
現在でも玉龍高校近くには、福昌寺跡墓地としてスゴイお墓が存在しています。

島津家ゆかりの地を求めて、鹿児島のお宮さん、お寺さんをウロウロすると、どうしても「廃仏毀釈」の陰を感じてしまいます。
廃寺となったスゴイお寺さんも復活したところもあるようですが、その規模たるや雲泥の差。
あんまり詳しく書けませんが、何とも言えない気分になってしまいました。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


照国神社 御朱印帳

照国神社さんは、鹿児島市の中心地に位置し、鹿児島駅と鹿児島中央駅のちょうど真ん中あたり、鹿児島一の繁華街・天文館も近くにあるお宮さんです。
幕末の大賢人・島津斉彬さんをご祭神としていますお宮さんで、オリジナルの御朱印帳もいただけます。
この御朱印帳を、島津義弘さんはじめ、島津家ゆかりのお宮さん、お寺さん巡りに携帯しようと思います。


照国神社御朱印帳 
照国神社御朱印帳

画像ではなかなか伝わりづらいですが、紫色を基調としたキレイな御朱印帳です。
「五七桐紋」と「丸に十文字紋」が、たくさん&たくさんです。

戦国武将・島津義弘さんゆかりのお宮さんといえば、彼自身をご祭神としてお祀りしている精矛神社さんや徳重神社さんもありますが、なかなかオリジナル御朱印帳をいただけるようなところは難しく、まあ、彼の偉業を称える「妙円寺詣り」の出発点は照国神社さん近くと伺ってますので、イイんじゃないかと思います。
あと、ありそうで、なかなか珍しい「丸に十文字紋」の入った御朱印帳というのもイイかなって感じです。

で、御朱印はこんな感じ、、、

照国神社 
照国神社

お宮さんには島津久光さんの大きな像があったり、少し歩けばザビエル公園や西郷さんの銅像があったり、お宮さんのご近所は、鹿児島のスーパー観光地です。完全な「幕末&維新」推しの観光エリアと思います。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国




妙円寺詣り発祥の禅寺 妙円寺

妙円寺さんは、鹿児島市から西へ10数キロ、日置市伊集院にあるお寺さんです。
お寺さんは、関ヶ原の戦い「島津の退き口」の島津義弘さんの菩提寺で、九州四十九院薬師霊場の第26番の札所となります。
最寄駅となる伊集院駅前にはメチャメチャカッコイイ島津義弘さんの騎馬像があったり、お寺さんのご近所には義弘さんをご祭神とする徳重神社さんがあったりします。
ただ、この妙円寺さんと徳重神社さん、何やら複雑なモノがありそうです。。。


妙円寺詣り発祥の禅寺 妙円寺 
妙圓寺


島津義弘さんの菩提寺・妙円寺さんは、明治の廃仏毀釈の波で廃寺となり、跡地に徳重神社さんが出来たということらしいです。
一旦、廃寺になった妙円寺さんですが、その数年後にお宮さんのちょっとだけ西の地に再建されました。
一方、「島津の退き口」で奇跡の帰還をされた義弘さんを記念して、毎年、関ヶ原の合戦日に、遠く鹿児島から妙円寺さんにお詣りにいく「妙円寺詣り」という行事がありますが、再建された妙円寺さんへお詣りにいくのではなく、お寺さん跡地の徳重神社さんにお詣りするというのが現状だそうです。

お寺さん側は、お宮さんや行政自治体・司法にいろいろ求めているらしいですが、どうなってるんでしょうね。
そんなご事情はつゆ知らず、ヘラヘラ両方お参りして御朱印いただいたワタクシ、、、
いろいろな意味でバチあたりかもしれません。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR