ちょっと

ちょっとネタ切れのため、2年前に集印した古社・古寺の御朱印を、戦国武将に(無理やり)こじつけてまとめたいと思います。
来週明けあたりから、、、
・西国三十三観音
・二十二社
・三十番神

なんて感じでやってみたいかと。。。


2017/05/02 追記
ちょっとネタを整理するのに時間がかかります。
5月末を目途に始めたいです。。。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国



スポンサーサイト

武将御朱印 de #東北でよかった

バカな大臣は必ず天罰が下りますので、ほっといて、、、

東北はイイお寺さん、お宮さんやお城が多いので、何度でも行きたくなります。

まず、みちのくの戦国武将と言えば「独眼竜」さまでしょうか、、、

青葉神社御朱印帳 
仙台青葉神社御朱印帳

青葉神社 
仙台青葉神社1

松島 瑞巌寺 
瑞巌寺

越後から会津・米沢へ国替された上杉家も東北、、、

米沢 上杉神社 
米沢城上杉神社1

松岬神社 
米沢城松岬神社1

「花の慶次」前田慶次の最期の地も東北・米沢でした。

堂森善光寺 
堂森善光寺

まだまだ、行くべきトコロ、行かなくてはいけないトコロがいっぱいの東北。
#東北でよかった。今日はそんな気分です。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国

法隆寺

ご存知、世界遺産にして国宝天国、斑鳩の里の本拠地・法隆寺さんです。
ここも日本人なら一度はお詣りすべきトコロかと。
千数百年も続く奇跡、個々の建物ひとつひとつも美しいし、伽藍配置とかは、よくわかりませんが、調和されたコンビ芸・グループ芸も素晴らしいです。建ち続いた理由も深く知りたいところです。

法隆寺 
法隆寺

白鳳時代から1400年超ずっと建ちつづけるのも相当なものですが、数々の修復を経て、いま現在があり、江戸時代初期には、豊臣秀頼によっても修造があったとのこと。

近畿地方の古社・古寺をお参りすると、やたらと耳にするのは「豊臣秀頼寄進によるもの」という言葉。
天下人となった家康が、大坂城の蓄財を減らす目的で、秀吉を弔うため寺社寄進をさせたとのことですが、いったいどれだけさせたんでしょうか。
西国三十三観音霊場、二十二社や近畿の一の宮など、ウロウロしていると、そこかしこに「秀頼公寄進」、、、
かえって豊臣びいきが増えたんじゃないですかね。

「関西」って言葉はいつごろから生まれたんでしょうか?
少なくとも私が幼少のころは「近畿」の方が馴染みがあった気がしますが、今では「関西」の方がよく口にします。
今でも都は京のことと思っている京都の人たちは、やはり、まだ「近畿」なのかも、、、



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


神戸日吉神社

神戸と書いて(ごうど)と読みます、岐阜県の南西部、安八(あんぱち)郡神戸(ごうど)町のお宮さんです。
住所は岐阜県安八郡神戸町神戸1、つまり町の中心です。
お宮さんの由緒書き、というか「山王まつり」のパンフレットには、神輿担ぎながら、周りに松明がボーボー焚かれている、ちょっとコワイ写真があげられています。
広い境内には、大きな三重塔が、、、よくある神仏習合の象徴ですね。これは重要文化財になっていますが、その他にも十一面観音さまが重文となっているようですが、通常非公開だそうです。


神戸日吉神社 
神戸日吉神社

境内の三重塔は、信長の美濃攻略の決定打ともなった西美濃三人衆の寝返りのひとり、稲葉一鉄の寄進によるものということ。
また狛犬は不破光治の寄進によるものなど、なかなかシブイ戦国武将によって支えられたお宮さんであります。

神戸と書いて(ごうど)、三重県には神戸と書いて(かんべ)というところもあります。
読み方ってのは、いつの時代も難しいです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国

瀬戸 深川神社

深川神社さんは、愛知県西部、「やきもの」もとい「せともの」の街・瀬戸市の中心地にあるお宮さんです。
せとものの街のお宮さんらしく、社殿の屋根が青織部だったり、鳥居の一部にやきものが入っていたりと、せとものの街の象徴となってます。
極めつけは、陶祖・藤四郎作の陶器で出来た狛犬、これはスゴイことになってます。
あと、境内の奥の方には、これまた陶器で出来た切支丹灯篭=織部灯篭(古田織部形模造)もありますが、これはどうも江戸後期に作られたとのこと、しかしながら、陶器で出来た切支丹灯篭は珍しいようです。
東隣には、陶祖・加藤景正(藤四郎)をお祀りした陶彦社もあり、最初から最後まで“せともの”づくしでした。

瀬戸 深川神社 
深川神社

神社にまつわるお話としては、信長公が鷹狩の際に参拝したときに、斎藤龍興の刺客に襲われそうになったときに、宮司の機転で難を逃れたというお話もあるようです。

名古屋市の近隣の市町村は、おおよそ自身の出身を紹介するとき、「名古屋のとなりの~」とか「名古屋の近くの~」といいがちらしいですが、イチロー選手の豊山町と瀬戸市の方はどうも、違うようです。
それだけ「せともの」プライドが高いというわけだと思いますが、イイと思います。
師勝町と西春町が合併した「北名古屋市」はホントにネーミングセンスとプライドが無さすぎる、「西東京」の次くらいだな、、、
何だ?「西東京」って ----- 「東の京のその西」って、、、誰も反対しなかったのかね。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国



プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR