しれっと

しれっと始めています。

武将銅像天国

よろしければ、、、



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

沙沙貴神社

JR安土駅より徒歩20分程度のお宮さん。
お宮さんのご由緒書きによると、そこは六角氏につながる佐佐木源氏発祥の地とのこと。
鎌倉時代はじめから、信長公に追われるまでのおよそ400年弱、ずっと近江の守護だったというわけですね。

沙沙貴神社 
沙沙貴神社

お宮さんの住所は安土町常楽寺一番地。
信長公記に度々でてくる「常楽寺」っていうお寺さんがあるのかどうか、御朱印いただいた方に伺ったところ、お寺さんのことはわからないといわれました。
安土城址にいる観光案内ボランティアのおじさんにも「信長公記に相撲大会とかで出てくる常楽寺ってのは、現在もあるのか」と尋ねたところ、「何故、相撲大会を催したかご存知か」と話を変えられました。

結局、お寺さんとしてあるのか・ないのか、わからずじまい。
誰か、知っている人いたら教えてほしい「常楽寺」。。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

武芸八幡宮

武芸(むげ)八幡宮さんは、岐阜県関市のお宮さん。
関と言えば「関の孫六」、刃物の街として有名ですが、お宮さんのある武芸川町は元々は武儀(むぎ)郡にあり、平成の合併で関市となったところ。こういうの旧関市の人はどう思うのでしょうかね。
お宮さんは養老年間のころからということですが、この場所は岐阜からは丑寅の方角にあたり、信長公も美濃攻略後、間もなくお宮さんに所領安堵を出したそうです。
境内には信長公の建立といわれる下馬標があったり、長い参道があったり、イイ感じの太鼓橋があったりと、とても雰囲気があります。参道わきの木々も樹齢何百年かわかりませんが、そこも含めて、お宮さん方のメンテナンスの良さに、大変、恐れ入るところです。
パワースポットブームになって久しいですが、こういう人々の努力がまたパワーを生むものだと実感しました。

武芸八幡宮 
武芸八幡宮

お宮さんには、基本的に人はいませんので、お札・お守り等は近所のお宅まで行かなければいけません。
(ちなみに連絡先はご拝殿のところに記載がありました。)
そして、御朱印は、遠く離れた岐阜市内の橿森神社でいただきました。

滋賀県の安土町など、信長愛にあふれた町は全国数あれど、岐阜県南部・美濃地方は特に信長愛にあふれた町だと思います。
信長が討たれて、豊臣、その後の徳川の時代になって、相当、陽のあたることがなくなってしまったからじゃないでしょうか。

が、しかし、岐阜駅前の「黄金の信長像」は少々お趣味がお悪いようにお見受けします、ハイ。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

石清水八幡宮

京都府八幡市、京の都の裏鬼門、鎮護国家の杜のお宮さんです。
ホームページによると「やわたのはちまんさん」と呼ばれているとか、、、名前ダブッてるのか、それとも?
昨年には「国宝指定」もうけたこともあってか、いつもたくさんの参拝客。
駅近くの男山ケーブルを使わず、表参道からせめる方々も少なくないようです。

信長公記によると、石清水八幡宮の本殿と前殿の間にあった木製の樋が朽ちて、雨漏りもひどく、社殿が朽廃していることを聞いた信長公は、六間の樋を「唐金」で鋳造・修復するように命じたとのことです。

で、実際、「唐金の雨樋」はなかなか確認できなかったんですが、昨年は、目にすることができる機会もあったとのこと。
早めに言ってよ、そういうことは。。。

石清水八幡宮 
石清水八幡宮2

昔は、「八」の字がハトが向かいあってるような御朱印も見受けられたような気がしましたが、今はどうなんでしょうか?

また、お宮さんの文化財の中には、信長公だけでなく、光秀公、信玄公、秀吉公など、戦国大名の書状があったり、秀吉公奉納の釣灯籠があったりと、錚々たる武将ゆかりの品々があったりするそうです。
公開してるか、してないかも含めて、早く言ってほしいです、そういうこと。

京都の鬼門守護は比叡山、裏鬼門は男山とやっぱり日本の首都の鬼門鎮護は豪華ですね。
自分の街の北東と南西が気になります。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

伊勢神宮(内宮・外宮)・朝熊山 金剛證寺

日本人なら一生に一度はお参りしたいところ=日本人のふるさと・お伊勢さんです。
私の場合は、1年に1回はお参り&チェックしたいところであります。

信長公記には、伊勢神宮について、いくつか記載があるようで、ひとつは伊勢平定の後(永禄12年)、内宮・外宮そして朝熊山に参詣、そのほかは、信長公の最期の年(天正10年)、長く途絶えていた遷宮を復興したいとして寄進を命じていたということなど。。。
神仏畏れない信長公のイメージですが、ちょこちょこ、お宮さん・お寺さんへの寄進や参詣の記録があったりします。

伊勢神宮(内宮) 
伊勢神宮(内宮)2

伊勢神宮(外宮) 
伊勢神宮(外宮)2

数年前は遷宮で、去年(2016年)はサミットで沸いた「お伊勢さん」。
いついっても、参拝客がいっぱいです。
おかげ横丁が整って、数十年たったでしょうか、あそこは、必ず寄ってしまいます。
大体、私の場合は、伊勢うどんをシバいてからの赤福制覇。
赤福氷の季節もそろそろスタートするころ、また、行くかもです。


朝熊山 金剛證寺 
朝熊山金剛證寺

対照的に、なかなかここまで足が運べない方が多いのではと思われる朝熊さん。
「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」なんてのは、多分、伊勢の方しか御存じないかと、、、
イイ道なんだけど、ドライブウェイが少々、お高いのが難点か、、、
なかなかイイ雰囲気のお寺さんなんですけどね。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR