智積院

日本の首都・京都のスーパー観光地、東山区のお寺さん、真言宗智山派の総本山です。
このあたりは、豊国廟のある阿弥陀ヶ峰の麓、大仏殿の界隈だったそうです。
智積院さんの起源は、根来寺の塔頭で、秀吉による根来攻めで焼失、関ヶ原の戦いの翌年に豊国神社の付属寺院として再興かなったとのこと。
また、秀吉と淀殿の最初の子供・鶴松の菩提を弔った祥雲寺も起源としていて、大坂の陣で豊臣家が滅亡すると、祥雲寺の寺領等が智積院さんに与えられたそうです。
良くも悪くも秀吉と豊臣家に深い因縁を持つお寺さん、この場所に寺領を与えた徳川方(?)の底意地の良さもなかなかです。


智積院 
智積院

真言宗の総本山もあって、このお寺さんもいろいろな霊場の札所になってます。
また、京都の大寺院らしく、素晴らしい庭園と大きなお堂。そして、宝物館にある長谷川等伯の障壁画はスゴかもんです。
やはり、このあたりの文化・芸術のレベルはスゴイですね。
大仏を中心にした大宗教センターゆえの芸術都市なのか、宗教都市ゆえのハイレベルの芸術センターなのかはわかりませんが、こうした芸術を残していくためにも、お寺さん・お宮さんには頑張ってもらいたいし、応援もしたいですね。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

養源院

日本の首都・京都のスーパー観光地、東山区のお寺さん、三十三間堂のお隣さんになります。
秀吉公の室・淀殿が、父・浅井長政の供養のため、秀吉につくらせた浅井家の菩提寺。
大坂の陣の後、淀殿の妹にして、徳川秀忠の正室・お江さまによって、淀殿と豊臣秀頼の菩提を弔ったそうで。
ご本堂の天井は、伏見城の戦いで1000人もの徳川方が自刃した際の血痕が滲んだ廊下の板の間が用いられている「血天井」となってます。

養源院 
養源院

お隣さんが三十三間堂ということもあって、こちら養源院さんはそんなに大きくないかもと錯覚しがちですが、結構な大きさです。
秀忠公とお江さまの「菊紋」「桐紋」「葵紋」のご位牌など、見応えあるものがいっぱい。
その中でも俵屋宗達作の象・唐獅子・麒麟の杉戸絵のユニークで大胆なタッチは一度目にした方が良いかと。お庭は小堀遠州作の庭園ですし、京都国立博物館や三十三間堂などを目当てに来ている方は、相当、芸術に対する目も肥えた方だと思うので、是非、200メートル先の養源院さんに立ち寄っても損はないかと思います。

最近の大河も含めた戦国ドラマは、戦さ・政ごと・家族に色恋のみですが、茶の湯や造園・芸事など、文化的な発展を遂げたのも戦国時代だと思います。戦国マンガ「へうげもの」で、主人公・古田織部に良いように振り回される若き俵屋宗達や小堀遠州。日本らしい文化の起こりは室町時代かもしれませんが、それが発展し花開いたのは、やはり戦国時代。「へうげもの」のような和風文化中心のドラマがあっても良いかと思います。

そういえば、家康公・秀忠公のご位牌が各地にあるのは何となくわかりますが、お江さまのご位牌や供養塔が結構、各地にあるのは何で?



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


織田木瓜紋会(オリジナル)御朱印帳

信長公ゆかりのお宮さん・お寺さんめぐり用に、これまでいくつか御朱印帳をいただいてきました。
・建勲神社(黒・金字の天下布武)
・建勲神社(ピンク・天下布武+尾張守)
・建勲神社(黄・天下布武+永楽通宝)
・本能寺(黒+紅地の織田木瓜紋)
・劔神社
・比叡山延暦寺
・日吉大社
・東大寺

これだけ揃えても、いよいよいっぱいに埋まってきましたので、新たな御朱印帳を準備しなくてはと思いましたが、やはり、信長公ゆかりの社寺の御朱印帳には、「織田木瓜紋」は欲しいと探してたどり着いたのが、、、

織田木瓜紋会(オリジナル)御朱印帳
織田木瓜紋会御朱印帳

小型のサイズで蛇腹式のもの。
藍色というか、光の加減では紫っぽくも見えます。
織田木瓜紋がちりばめられたシンプルなスタイル。
表表紙と裏表紙を合せると、木瓜紋がちゃんとキレイに重なるというキチンとした仕事ぶり。イイと思います。

これで、ついにお寺さん・お宮さん以外の御朱印帳の入手することになりました。

織田木瓜紋会さんは、安土城(安土山)の再建を目標に立ち上げられた一般社団法人。
今までは、安土城の発掘調査等をしてきましたが、今後は、『過去の記録上に存在した神社・祠(ほこら)の再建や、既存神社の修復を目指しており、安土を訪れる方々に信長公が愛した『神々の住まう安土山』の姿を少しでも再現できればと各方面との折衝を進めており、織田家の氏神でもある劔神社の建立も視野に入れ活動』(織田木瓜紋会さんのホームページより)するそうです。

それが実現すると、この御朱印帳も劔神社の御朱印帳になるかもですね。

ただ、少し気になるのは、「織田木瓜紋」自体が、この法人に登録商標されているということ。
このブログ自体、営利目的でやっているわけではないので、大丈夫だと思いますが、何かの不都合でこの記事削除されちゃうかもです。ちょっと心配。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


京都 豊国神社 御朱印帳袋 (金羽織襟-柘榴模様)

日本の首都・京都のスーパー観光地・東山区にあるお宮さん=豊国神社さんでいただける御朱印帳入れです。
最近、お宮さん・お寺さんでオリジナルの御朱印帳がいただけることが多くなりましたが、御朱印帳袋もいただけるところも増えてきました。豊国神社さんでは、なんと3種類も用意されています。


京都 豊国神社 御朱印帳袋 (金羽織襟-柘榴模様) 
京都豊国神社御朱印帳袋(金羽織襟-柘榴模様)

3つある御朱印帳袋のうちのひとつ、「金羽織襟-柘榴模様(正式名称はわかりません)」を手に入れてしまいました。
前回参拝時は「タケノコ男」を入手。

京都 豊国神社 御朱印帳袋 (タケノコ男) 
京都豊国神社御朱印帳袋

京都は豊国さんだけでなく、建勲さんにもカッチョイイ御朱印帳があったり、刀剣御朱印があったり、なかなか充実してますね。
豊国さんで言えば、京都だけでなく、大阪城も尾張中村もたくさんオリジナル御朱印帳があったりと、さすがのラインナップです。
御朱印めぐりも、これだけファンシーなものに囲まれると、ますます止められなくなりそうです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


大阪城 豊国神社 【(勝手に)御朱印de大坂の陣】

全国に6~10くらいある日本三名城のひとつ、大阪城の天守閣南に御鎮座するお宮さん、立派な秀吉像で有名です。
テレビ番組でよく見る秀吉公のイメージ映像は、このお宮さんにある銅像のものがほとんどかと。
大阪城公園の敷地はホントに広く、かつ思ったより坂が多く、アップダウンに富んでいる印象です。
昼間の公園内は相変わらず、外国人がいっぱいですが、以前に比べ、神社の拝殿まできて、パシパシャ撮影するような輩はあまりいなくなったような気がします。

大阪城 豊国神社 
豊国神社(大阪城)3

夜は大坂の陣のイベントがやっていたようですが、何となく気が引けたので、行きませんでした。
「大坂」がこざとへんの「大阪」に変わったのは、いつからなんでしょうかね?
少なくとも大坂の陣の際までは「大坂城」だったわけでしょうから、豊国さんの名前も「大阪城」でなく「大坂城」にならないのかな。
せめて、御朱印だけでもそうならないか、今度、お参りした際、伺ってみたいと思います。
それで、ワタクシの(勝手に)御朱印de大坂の陣シリーズも終了かなと思います。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR