スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路城絶景展望地 男山八幡宮・千姫ゆかりの学問の神様 千姫天満宮・姫路最古の元宮 水尾神社

ご存知、世界遺産にして国宝・姫路城近く、北西へ徒歩数分、男山にあるお宮さん三社です。
広くて大きい姫路城、 好古園まで観て周る頃にはもうヘトヘトですが、ここはもう少し我慢して、お宮さん詣りするというのもどうでしょうか。


姫路城絶景展望地 男山八幡宮 
男山八幡宮

好古園を出て西に向かい、少し北に上ったところに男山があります。
山頂近くにあるお宮さんが、男山八幡宮さん、姫路城の鎮守社とのことです。
山頂の展望台からは、姫路城を乾の方角から一望ですので、お城に行かれた方は、城攻めのシメとして如何でしょうか。


千姫ゆかりの学問の神様 千姫天満宮 
千姫天満宮

男山八幡宮さんを少し下ったところ、男山の中腹にあるお宮さんが千姫天満宮さんです。
徳川家康のお孫さんにして、豊臣秀吉のお世継・秀頼さんのお嫁さま・千姫さん。
大坂の陣の後、千姫さんは桑名藩の本多忠刻と結婚、本多家の姫路移封に伴い、姫路城に入城、天神さまを信仰していた千姫さんによって、こちらのお宮さんが建立されたとのことです。


姫路最古の元宮 水尾神社 
水尾神社


男山の麓にあるお宮さんが水尾神社さんです。
八幡さん、天神さんの御朱印はこちらの社務所でいただきました。
三社とも御朱印帳に書いていただいたのですが、一方、書置きのカラー版も社務所で紹介されており、これらもなかなかイイ感じの仕上がりでした。


播磨國総社 射楯兵主神社 
射楯兵主神社2

姫路城と言えば、総社さんでしょうか。
奥の拝殿まで辿り着かなければ、一見、何かわからないほどの赤い朱い建物が目印です。
数年前にお詣りした際は、軍師官兵衛の放送後ということもあって、官兵衛さんのお姿や藤巴紋も結構見られましたが、今は昔感いっぱいでした。

姫路城の外国人観光客も、白人さん、中国人が中心だった数年前に比べると、東南アジア系の方の割合が高くなったように感じました。
まあ、男山では外国人は見れませんでしたけど、、、




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



スポンサーサイト

長門国一宮 住吉神社

住吉神社さんは、本州最西端の下関市にあるお宮さんです。
長門国の一之宮であり、また、大阪の住吉大社、博多の住吉神社と並んで、三大住吉さんらしいです。
秀吉さんの九州攻めでは、小倉へ攻め上がる前、吉川元春さんや黒田官兵衛さんら戦国スター武将たちが、このお宮さんに着陣したとのことです。


長門国一宮 住吉神社 
長門住吉神社


三大住吉さんとか、三大お宮さんシリーズってのは、あと何があるのでしょうかね。
三大稲荷ってのは聞いたことあるかも、三大八幡さんってのはどうか、三大諏訪明神ってのもあるのか、それこそ三大東照宮ってのはどうなんだとか、有識者に聞いてみたいです。
でも、どの三大お宮さんでも、戦国武将に所縁ありそうですね。
そういう括りもアリかもです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



赤間関 阿弥陀寺 赤間神宮

赤間神宮は、本州の西の玄関口・下関にあるお宮さんです。
元々は阿弥陀寺として9世紀に創建、壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇をお祀りする御影堂ができ、明治の廃仏毀釈により神社になったというお宮さん。
竜宮城のような水天門と拝殿がキレイです。
また、耳なし芳一をお祀りする「芳一堂」があったりと、色々な歴史があるお宮さんです。


赤間関 阿弥陀寺 赤間神宮 
赤間神宮

廃仏毀釈でなくなったとはいえ、阿弥陀寺はその地名になってのこっていますので、赤間神宮さんの住所は阿弥陀寺町となってます。
先日、連載最終回を迎えた戦国マンガ「へうげもの」では、マンガ連載の初期の頃に秀吉さんが九州攻めを前に、軍議で「初花」「新田」と並ぶ天下の三肩衝「「楢柴」を筑前の秋月より奪いとる宣言をする舞台として阿弥陀寺が描かれています。
また、秀吉さんは、佐々成政さんとここで歌を詠んだとも。
お宮さんの宝物殿には、平家物語ゆかりのものとともに、秀吉公寄進のものもあったり。

そして、お宮さんからちょっと離れたところでは、文禄の役の際に大政所危篤の知らせをうけて、秀吉が航路にて帰郷する際に関門海峡を渡るときに座礁してしまった引責で切腹した船頭の明石与次兵衛を慰霊する「与次兵衛ヶ瀬の碑」がありますし、それこそ戦勝祈願した亀山八幡宮があったりする等、下関は秀吉さんに所縁の深いところでもあったりします。もう少し時間を割いてゆっくり周ってみたら、面白いトコロいっぱい発見しそうです、下関。

あと、赤間神宮さんの壇ノ浦はじめ、平家物語ゆかりの一の谷、屋島、宮島で平家物語巡りの御朱印があるみたいです。
御朱印絡みでいろいろ企画があるみたいですね、イイと思います。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


広島東照宮

広島東照宮さんは、広島市の玄関口・広島駅から北へ徒歩で10数分にある街なかのお宮さんです。
駐車場もありますので、車でも行けますが、参道横のほっそい細い坂道を上がらなくてはいけませんので要注意です。
ご祭神は、東照大権現こと、神君・家康公。
日本全国・ありとあらゆる場所にあります東照宮さんですが、安芸広島浅野家の光晟さんのご母堂が家康さんの三女・振姫さんだったという所縁で広島にも東照宮ができたとのことです。
しかし、お宮さんが創建されたこの時期は、家光さんのご意向で全国に東照宮がつくらされた時期、適当な理由があっただけ良かったかもです。

広島東照宮 
広島東照宮

お宮さんは、広島城の鬼門に位置する二葉山にあります。
そういう意味で、安芸浅野家をお祀りする饒津神社さんもご近所さんになります。

また、広島の神社には被ばくのお話はつきもの、全焼は免れたらしく、現存被爆建物らしいですが、具体的にどれとはわかりませんでした。そして、当日はお宮さんも避難所にもなったとのことです。

広島、長崎の平和公園や資料館に行くと、ホントに胸が苦しくなります。
伊勢神宮や出雲大社、京都東山&北山や富士山と違った意味で、日本人が一度は行かなくてはいけない場所なのだと思います。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


芸州鎮護 饒津神社

饒津神社さんは、広島駅から北へ徒歩で10数分、車でも数分で行ける街中のお宮さんです。
ご祭神は、福島正則さんが改易された後から、安芸広島を治めてきた浅野家の当主たちです。
浅野家の初代にして五奉行筆頭・長政さん、長政さんの奥方で秀吉さんの奥方ねねさんの妹・ややさん、浅野家二代目・長政さんの長男・幸長さん、浅野家三代目・幸長さんの弟・長晟さん、そして芸州最後の藩主にして初代広島県令・長勲さんを祀っています。


芸州鎮護 饒津神社 
饒津神社


信長・秀吉・家康の三英傑と、うまいこと距離を置いて戦国の世をわたり、お家を繋げてきた芸州浅野家。
福島正則さん改易後の広島を治めていくことなど大変だったでしょう。
最近の映画・ドラマではバカ扱いされている福島正則さんですが、特に情に厚かったといわれる大人物。
せめて広島の地だけでも、バカ扱いはやめてもらいたいです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。