土佐國一ノ宮 土佐神社 御朱印帳

高知インター近く、インター降りて車で数分のお宮さん。参拝客でいっぱいの土佐国の一ノ宮です。
入蜻蛉形式の社殿含め、その多くは、長宗我部元親によって再興されたものとのこと。
そんな雰囲気あるお宮さんからいただける御朱印帳、長宗我部ゆかりの寺社めぐりに携帯してます。

土佐國一ノ宮 土佐神社 御朱印帳 
土佐神社御朱印帳

画像ではわかりづらいですが、ホントにキレイな柄の御朱印帳です。
パッと見たときは、長宗我部家の七つ方喰紋かと思いましたが、どうも違うみたいです。
結局、この柄、何なのかわかりませんでした。
知ってる方は教えてほしい、、、

で、御朱印はこんな感じ、、、
土佐神社

いたってシンプル。

四国は気候も穏やかだし、魚も果物もラーメンも美味しい。
今度行くときは、土佐の西側や愛媛に行きたいですね。
藤堂高虎築城巡りもしてみたい。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト

五台山 竹林寺・高知県護国神社

高知市を一望できる五台山の中腹にあるお寺さん・竹林寺。四国霊場の第31番札所です。
高知のお寺さん・お宮さんではあまり見かけなかった中華系の参拝客をここでは見かけられました。さすがです。
結構なお山の上ですが、道が整備されているので、車で上るのもイイかと思います。

五台山 竹林寺 
竹林寺

お寺さんに伺ったのは12月で、結構寒かった記憶がありますが、お遍路さんで参られる方はあの恰好でしたね。
エライなと思います。
そんなお遍路さんの姿をパシャパシャ撮影する中華系。。。
絶句してしまいました、何も言えなかった私、ゴメンナイサイです。

高知県護国神社 
高知県護国神社

五台山の麓にある護国神社。高知の護国神社はお城近くでなく、お山近くでした。
ここの推しもやっぱり「坂本龍馬」。謹製・龍馬お守りもありファンには良いかと。

五台山の麓には南海の名刹・吸江庵跡、現在の吸江寺があります。細川家、長宗我部家の庇護もあったと伺っています。
現在も立派なお堂やパコダが見られるのですが、御朱印は??でした。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


高知 山内神社・潮江天満宮

土佐高知の中心地・高知城の近くにあるお宮さん。
藩祖・山内一豊公やお千代さま、そして幕末の巨人・山内容堂公をお祀りしております。
高知城は元々、長宗我部元親の居城のひとつ・大高坂城を改築したもの。お城のガイドには、長宗我部時代の石垣もわかる旨の記載がありましたが、よくわかりませんでした。まだまだ、石垣好きにはかないません。

高知 山内神社 
山内神社

山内神社は思っていたより、ひっそり感がありました。
全国に戦国大名をお祀りしているところ数あれど、なかなか屈指のひっそり感です。

潮江天満宮 
潮江天満宮

山内神社から鏡川を挟んで、車で数分のところの天神さま。
長い参道に広い境内、なかなか雰囲気あるお宮さんです。
何でも、初詣では高知で一番の参拝客とか。
でも駐車場の入り口がよくわからない上に危険そうですね。地元の方にはそうでもないかもしれませんが、あれはいちげんさんにはやさしくないところかと思います。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

徳島 丈六寺

徳島市の中心部より少し南に下ったところにある古刹。阿波秩父観音霊場の24番札所となっています。
川沿いの県道を車で走らせると、突然、数台停められる参拝者駐車場が現れます。
駐車場から少し複雑な道を歩き、ようやくお寺さんにたどり着くと、そこはかなり立派なお寺さんがありました。
お寺の歴史はかなり古く1300年以上、文化財も多く「阿波の法隆寺」と呼ばれているそうです。

徳島 丈六寺 
丈六寺

長宗我部元親による阿波侵攻の際、最大の難敵・新開入道道善を和議をもちかけ、この丈六寺さんに主従を酒宴に誘い出し、襲撃・謀殺。その際の血がついた縁側の板が天井板となって残っているお堂があったりします。
でも、戦国からある大きなお寺さんに「血天井」ってのは、結構あったりしますかね。いくつかのお寺さんで見かけたような気がします。
全国「血天井めぐり」ってのもイイかもしれませんね。何か罰が当たるような気もしますが、、、



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


金刀比羅宮(本宮・白峰神社・奥社)

御存知、うどん県の首都・こんぴらさんです。
長い長い石段が続きますが、本宮までは785段、奥社まではあわせて1368段だそうです。
石段好きの私から見れば、しんどいのは本宮直前の角度のあるところで、その他はなだらかなところが多く、奥社のところは「奥宮500M」とか目印がチョコチョコあるので、割と行きやすい感じです。ただ、もう少し細かくなってるとペース配分できて奥宮までの参拝客も増えるのかと思います。
長い参道の途中、長宗我部元親が讃岐侵攻に際し、神域を侵したことを謹み、門を献納、急ぎ造らせたため、逆木になってしまった門「逆木門」と呼ばれたという門があったりします。で、改築の折に「賢木門」に改称したとか。

金刀比羅宮 本宮 
金刀比羅宮

ご本宮の御朱印は、御本殿近くでいただける他、本殿手前の札所でもいただけます。

金刀比羅宮 白峰神社 
金刀比羅宮白峰神社

白峰神社は本宮から奥宮までの参道で見えるいくつかある摂社のひとつ。
御朱印は、お社に人がいらっしゃる時は、そちらで頂けるようですが、御不在の時も多く、その際は御本殿近くで頂けます。

金刀比羅宮 奥ノ社 厳魂神社 
金刀比羅宮奥社(厳魂神社)

長宗我部と讃岐・こんぴらさんの相性はどうなんでしょうかね。
金刀比羅宮の古書は讃岐侵攻の際に焼き払われた等と、殆ど長宗我部のせいにされているようですし。。。
まぁ、ないとは思いますが、長宗我部家がドラマになった際には、戦国大名と寺社勢力の争い等、そういう場面は避けられないと思いますが、戦国ドラマは、全部、織田信長を悪者扱いして描くんだよねぇ。
こんぴらさんに限らず、でかいお寺さんやお宮さんは、よくできた城そのものだと思いますが。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR