伊勢國津城址鎮座 高山神社

三重県の県庁所在地・津、その中心地、市役所近くにあるお城公園に津城跡があり、高山神社は、そのちょっと裏になります。
そして、高山神社は津城主となる藤堂高虎をご祭神としているお宮さんです。

伊勢國津城址鎮座 高山神社 
高山神社2


お城公園には、戦国武将銅像カッコイイランキングの上位(予想)ランカーの藤堂高虎像があります。
メチャクチャ、カッコイイ銅像なのに、大体、いろいろな媒体にでてくる画像は、今治城天守のやつばかり。
まあ、築城名人と紹介したいから仕方がないのか、ちょっとだけ口惜しいです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


スポンサーサイト

桑名城本丸 鎮国守国神社

三重県北東部、桑名市にあります桑名城跡・九華公園のお宮さんです。
桑名藩祖・松平定綱とその父・定信をお祀りした神社です。
桑名は東海道の宿場町、ひとつ東は熱田の宮宿です。
そんなことから公園内には「七里の渡し」の碑があったりします。

桑名城本丸 鎮国守国神社 
桑名鎮国守国神社

正直、松平定信・定綱といわれても、どんな人物だったのか、よくわかりません。
公園駐車場には、徳川四天王のひとり、おなじみ本多忠勝の銅像があります。
本多忠勝の晩年、桑名城主だったことから、銅像ができたのでしょうが、これが、なかなかの恰好良さです。

九華公園はスゴく整備されたキレイな公園です。立派なお花が整っていたり、謎の復元天守など無かったり、かなり好感が持てます。
このあたり=愛知県西部から三重県北東部の自治体はホントに金持ちって感じ、その実力が見える公園です。
そりゃ、ヘンな市町村合併はしないわな。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


伊賀東照宮 【(勝手に)御朱印de伊賀越え・番外編】

「神君伊賀越え」とは、本能寺の変を堺で知った徳川家康一行が、身の危険を察し、甲賀・伊賀の山々と伊勢湾を通り抜け、居城・岡崎城まで、命からがら帰還した家康三大危機のひとつ。
東照宮は、東照大権現こと家康公をお祀りしたお宮さん。
てっきり、「伊賀東照宮」は、伊賀越えゆかりの地と思って参拝しましたが、どうやら、まったく関係ないようです。
場所なんかもまったく離れてますしね。

伊賀東照宮
伊賀東照宮

全国に東照宮は、た~~くさんあります。日光・久能山・鳳来山・世良田以外は、大体、江戸時代のお城近くで徳川・松平の縁者のお殿様やお姫様がいらっしゃったトコロが多いようですが、ココの東照宮だけは、まったく謂れがわかりません。
何故、伊賀のこの場所に勧進したのか?
お社はまったくもってピカピカ。新品のようです。
御由緒書き見ますと、どうも昭和のしかも高度成長期後に勧進されて、社殿も平成に改修されたようですね。
お宮さんのチェーン店(?)といえば、お稲荷さんや八幡さんがスゴイ数ですが、今でも増えている東照宮さんの数もかなりのものなのでしょうね。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


近江信楽 愛宕神社・陶器神社 【(勝手に)御朱印de伊賀越え】

陶器の街・信楽のお宮さん。信楽街道沿いのお山の上にあります。
信楽街道は神君伊賀越えの中心の道。こうなってくると、ここは伊賀越えではなく甲賀越えなので、神君「甲賀・伊賀越え」ってのが正しいかと。

近江信楽 愛宕神社・陶器神社 
近江信楽愛宕陶器神社

お宮さんには、焼きものの街のお宮さんだけあって、狛犬が陶器だったりします。
伊賀越えの際に、道中無事を祈願したとか。
しかし、かなりのお山なので、よく、そんな余裕あったなって感じです。
お山の上で、基本的には人はいないため、御朱印は麓の街の新宮神社でいただけます。

紫香楽一之宮 新宮神社 
紫香楽新宮神社


愛宕神社・陶器神社に話を戻しますが、東京の虎ノ門近くにあり「出世の石段」でおなじみの愛宕神社ですが、おそらく東京や全国的には江戸開府にあたり、武運・防災祈願で家康公が勧進したということになっているでしょうが、信楽では、ここの愛宕さんの分霊を祀らせたことを推しておりますので、あしからず。

京都が最もしんどかったですが、虎ノ門や仙台も信楽も、全部、愛宕さんはしんどいところだらけです。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

鈴鹿 稲生 福楽寺 【(勝手に)御朱印de伊賀越え】

鈴鹿市の住宅街のど真ん中のお寺さん。
住宅街のど真ん中とは言え、三重四国の札所のお寺さんが近所にそこそこあったりします。
そして、このお寺さんは、「家康の落馬地蔵」ののぼりが結構、目立ったりして。。。
さらに、お猫さまの「しっぽおっ立て&お顔スリスリ」のウェルカムサービス付きでした。

鈴鹿 稲生 福楽寺 
鈴鹿稲生福楽寺

お寺さんの看板によると、神君・家康公が、伊賀の山道を越え、三河へ向かう途中、稲生の里で落馬し、村の青年に助けられたとこと。家康公の没後、村人は、平和祈念のため、落馬されたこの場所にお地蔵さんをお祀りしたとのことです。
実際に、落馬地点といわれている場所は、お寺さんより少し離れたところのアパートの裏口付近。そこにコソっと看板がたってます。
正直、ゴミの案内より目立ちません。
何の変哲もない住宅街に、重要な歴史の1ページがそこにある。
結構、自分の身のまわりや近所に、伝説の名場面があるのかもしれません。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR