会津若松 天寧寺

会津若松城から少し離れたところにあるお寺さん。
新撰組局長・近藤勇のお墓で有名です。
今でも大きなお寺さんですが、このあたりの地名が天寧寺町であり、その当時の大きさ・立派さが想像できます。
そして、お寺近くにある「天寧寺町土塁」は、伊達政宗のライバル(にさせられた)蒲生氏郷が、黒川入城に際して、お城の防備のために築いたものだそうです。

会津若松 天寧寺 
会津若松天寧寺

蒲生氏郷の地元、松阪では、「大河ドラマ」は無理にしても、せめて「『歴史秘話ヒストリア』に蒲生氏郷を」という運動があったとかいう程、地元の人に慕われています。私の一番好きな戦国マンガ「へうげもの」でも、たまにピリッとスパイス的な役割を果たす登場で、好きな登場人物の一人です。
会津若松の街は、白虎隊や八重の桜のように、幕末・維新・戊辰戦争のイメージが強いですが、ちょっとしたところに、蒲生だけでなく、蘆名・伊達・上杉等の遺構が垣間見える戦国ファンにも応えることのできる歴史の街だと思います。
まあ、自治体や観光局はそんな推しはしてないところが残念ですが、、、



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト

出羽三山神社・羽黒山東照社・羽黒山五重塔

出羽三山とは、羽黒山・月山・湯殿山のこと。
月山・湯殿山が冬季の参拝が不可能なことから、羽黒山に三山を合祭しているのが「出羽三山神社」です。
政宗の母にして、最上義光の妹・義姫が出羽三山のひとつ、湯殿山へ男子誕生を祈願し、見事授かったのが政宗公という逸話があります。
しかし、ヘタレのワタクシは、湯殿山まで行ける気力も体力も無いので、羽黒山までが限界です。
でも、そのための「出羽三山神社」なんですよね。
私は登山家でも松尾芭蕉でもないので、「里宮派」です。

出羽三山神社 
出羽三山神社

見開きタイプのかなり、立派な御朱印。
三社、それぞれ分かれたものがあるかは不明。。。

羽黒山には東照宮もあります。

羽黒山東照社 
羽黒山東照社

400年大祭の2015年は東照宮内も観ること可能でしたが、今回参拝した時はクローズでした。

羽黒山は神仏習合というか、修験道のお山で、御神殿の近くには梵鐘もありますし、宝物館には数々のカッコイイ仏像が待ってます。石段が登りになる手前には立派すぎる五重塔があります。

羽黒山五重塔 
羽黒山五重塔

五重塔の御朱印は、入山口でいただけます。

羽黒山参道は2000段以上の石段、かなりキツイですが、結構なシニアの方やチビッコも挑戦してるんですよね。
こういう姿を見るだけで、日本はまだ大丈夫だと感じますね。
全国の観光地に現れる中国人割合も少なめでしたが、一年前よりも確実に増えてますね。。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


会津若松 鶴ヶ城 登閣記念

御存知、戊辰戦争の激戦地、会津若松城。
全国に何ヵ所あるかわかりませんが、「鶴ヶ城」というのが通りが良いようです。
増えてきてます“お城de御朱印”。
そのパイオニア的存在(らしい)御朱印、、、個人的には否定的立場ではないです。
ただ、あんまりお寺さんやお宮さんには見られたくないのが本音。。。

会津若松 鶴ヶ城 登閣記念 
会津若松鶴ヶ城

蘆名氏による黒川城築城以来の歴代城主の家紋が朱印に、、、なかなかデザイン的にも良いかと思います。
蘆名・伊達・蒲生・上杉・保科・松平と東北大名オールスター勢揃いといった感じでしょうか。
どうせなら、もっと、どっかのブランドバッグ・モノグラムっぽく、やっちまってもイイかと。
そうすると、パクリのパクリになるのか、、、、
やたらと権利問題にうるさい「竹に雀(上杉笹)」「竹に雀(仙台笹)」を大胆に使用しているのもイイ感じ。

鶴ヶ城の縄張りには、お宮さん(お稲荷さん)もあり、御朱印もありますよ。

鶴ヶ城稲荷神社
会津鶴ヶ城稲荷神社

決して社殿等とは言いづらい祠がそこに、、、
お参りした日は、八重さんこと綾瀬はるかさんも毎年いらっしゃるお祭りの日、残念ながら神社の若手の方は、お祭りのことを御存知なかったようでした。

お寺さんでもお宮さんでもない、お城de御朱印、増えてきましたね。
ワタクシが頂いたモノは、、、、

二条城 登城記念
二条城

松本城 天主登閣記念
松本城

これも城になるのか?

長篠城址史跡保存館 来館記念
長篠城址

どれも立派ですが、やっぱり寺社の方(特にお寺さん)には見られたくないですねぇ。
何でだろう?



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR