東三河牛久保 長谷寺

長谷寺さんは、愛知県の最東部、豊川市牛久保町にあるお寺さん、JR飯田線牛久保駅から徒歩数分のところにあります。
境内には武田家軍師・風林火山の山本勘助のお墓があったり、勘助の念持仏・摩利支天像もあったりします。
この摩利支天像、思ってたよりホントに小さいです。都ことばで言うと「ちっさい・ちっさい」もしくは「ちっさい・ちーさい」です。
武将のレベルが違うかもですが、家康公の念持仏・白本尊や謙信公の毘沙門天などと比べても、ホントに小さい、ガイドでは5.5cmとのこと。でも、このサイズの方が、念持仏としては、より現実的・リアルな感じがいたします。なかなかお目にかかることが難しい戦国武将の念持仏ですが、だいたいいつも、お堂の中で拝観できますので一見の価値ありかと思います。

東三河牛久保 長谷寺 
牛久保長谷寺

この牛久保の地には、桶狭間の戦いで討たれた今川義元公の銅塚がある大聖寺さんがあったり、松平元康が今川との独立を明確にした牛久保城など、なかなかの戦国名所ポイントでもあったりします。

私は名古屋に住んでおり、同じ愛知県内ではありますが、何か物理的だけでない距離感を感じたりします。
最近では「三遠南信」なる言葉があり、長野県南部はよくわかりませんが、東三河と遠州は名古屋のそれよりも文化的に近いのかもしれませんね。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


スポンサーサイト

川中島古戦場 八幡社 御朱印 (信玄・謙信一騎打ちの地)

御存知、川中島古戦場である八幡原史跡公園にあるお宮さん。
日本で3~4番目くらいにカッコイイ銅像=信玄・謙信一騎打ちの銅像があります。
ただ、どちらののぼり旗も(特に「風林火山」孫子の旗が)くたびれ気味なのでメンテナンスをお願いしたいです。

川中島古戦場 八幡社 御朱印 (信玄・謙信一騎打ちの地)
川中島古戦場八幡社(一騎打ち)

コレ、去年参拝した時にはなかったので、おそらく今年のリリースだと思います。
うっすら紫色にプリントされた信玄・謙信一騎打ちの画がなかなか良いかと。。。
書置きタイプのものですが、御朱印帳お持ちの方は「貼り付けサービス」もありました。

ちなみにノーマルタイプ(?)はこんな感じ。
川中島古戦場八幡社

史跡公園内の長野市立博物館は、どうも地元の方にはプラネタリウムでおなじみらしいですが、やっぱり川中島合戦の資料が充実していて素晴らしいと思います。
江戸時代になって描かれた合戦図も、上杉寄りか武田寄りかによって描かれた様子も異なるなんてのは、なかなか興味深いです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


甲府 要害山城 積翠寺

甲府市、躑躅ヶ崎館・武田神社より北へ2~3km、要害山の麓にあるお寺さん。
信玄公生誕のお寺さんとのことです。
本堂の裏手には「信玄公の産湯の井戸」があったりもします。

甲府 要害山城 積翠寺
甲府要害山積翠寺

思ったよりも小さなお寺さんなので、特に車で行かれる方は、気を付けないと見失います。
歩かれてこられた方もいらっしゃったようですが、要害山へ行かれる方は、どうやってアクセスするのでしょうかね?
結構、厳しそうな山でしたけど、、、


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

躑躅ヶ崎館 武田神社 御朱印帳袋

信玄公をご祭神としてお祀りするお宮さんの御朱印帳袋。
武田信玄公ゆかりの寺社を巡る際に携帯する予定です。

躑躅ヶ崎館 武田神社 御朱印帳袋
武田神社御朱印帳袋

武田神社の社務所で購入しました。
去年、参詣した際は無かったので、今年の新発売なのでしょうか。
鮮やかな橙色に幾つかの武田菱。
武田神社と恵林寺の御朱印帳を並べてみましたが、ジャイアンツカラーそのもの。
オレンジ色は武田家のカラーなんですかね?
武田神社は、百鬼丸さんの切り絵デザインの御朱印を出す等、なかなかユーザーフレンドリー。
ただ、あえて言いたい。この巾着、何故、信玄袋にしなかったのか?


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

甲府 躑躅ヶ崎館 武田神社 信玄公 座御姿

甲斐の国のセンター・甲府のど真ん中、甲斐の国の総鎮護にして、信玄公をお祀りする武田神社の御朱印。
去年までは無かった見開きタイプの書置き型。
切り絵作家・アーティストの百鬼丸さんのデザインによる信玄公が左に。

甲府 躑躅ヶ崎館 武田神社 信玄公 座御姿
甲府武田神社御朱印

なかなかのカッコよさ。どうせなら、御朱印帳もこのデザインにすれば良いのに。。。

武田神社 御朱印帳。。。
武田神社御朱印帳

この見開きタイプの御朱印は、2種類あって、もう一つは「信玄公・立御姿」。
2種類ともいただくのも少し気が引けて、この「座御姿」だけいただくこととしました。

信玄公のイメージは、こちらの切り絵や甲府駅の銅像のような、恰幅のいい豪快なイメージがあります。
それは、高野山にある長谷川等伯が描いた肖像画によってイメージが植えつけられたことが影響しているようですが、何かどうも、別人らしいというのが、今や一般的とのこと。かわりに、出てくる肖像画はホッソリやせ気味・カリスマ性ゼロ、まさに「誰コレ」のおじさんサムライ。。。
歴史学者にお願いしたいのは、真実を明らかにするのは大事だけど、夢は壊さないでほしい。。。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR