スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠江國一の宮 事任八幡宮

事任八幡宮さんは、静岡県南西部、掛川市の中心地から東へ車で10数分、7Kmほどにあるお宮さんです。
「願い事のままに叶う」お宮さん=“ことのまま”八幡さんと読みます。
詳しい創建期は不明、成務天皇の御代ということですから、神話の時代のころでしょうか。
坂上田村麻呂さんが植えたとされる大杉&楠もあったり、枕草子の一節に書かれたり、西行法師・鴨長明といった文化人にも詠まれたり、なかなかのお宮さんだったりします。
近世では、徳川家康さんや秀忠さんにより本殿や中門を造営されたとのことです。

遠江國一の宮 事任八幡宮 
事任八幡宮

今年(2017年)は、御遷宮1210年ということで、記念の金の印字をいただきました。

お宮さんの近くには「小夜の中山」があり、その中腹には山内一豊さんが会津上杉征伐の軍を大坂より進めてきた家康さんをもてなしたとされる茶亭の跡や、その礼に家康が植えたとされる五葉松が残る久延寺さんがあります。
しかし、お寺さんには普段、人はいなくて、御朱印はいただけませんでした。
歴史ある古刹、文化財を有するお寺さんですら、キビシイ状態です。
何とかならないですかね。。。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



スポンサーサイト

掛川城鎮守 龍尾神社・永江院

静岡県南西部、掛川市のシンボル・掛川城の鬼門に位置するお宮さんです。
創建は詳しくわかっていないとのことですが、鎌倉時代にはお宮さんのことを詠んだ和歌が書物にあることから、それ以前にすでにおなじみだったということ。
家康さんが今川方をおって遠江・掛川に侵攻した際には、龍尾山に本陣を布いたとのことです。


掛川城鎮守 龍尾神社 
龍尾神社

掛川城の成り立ちはよくわかりませんが、現在のお城の一番の「推し」は「功名が辻」の山内一豊さんでしょうか。
掛川の街のいたるところに「山内さん」のお名前や三葉柏紋をよく見ました。


永江院 
永江院

掛川城や龍尾神社さんから、1~2Km、車で数分のところにあるお寺さんが永江院さんです。
遠州三十三観音の第6番札所、遠州七福神の布袋さまのところでもあります。
山岡鉄舟書の襖ですとか、売りがいろいろありますが、戦国武将絡みでいえば、山内一豊さん寄進の総門と龍の彫刻でしょうか。


復元木造天守の先駆けである掛川城。
名古屋城天守の木造復元化のヒントになるらしいです。
エレベーターを設置する・しないで揉めている名古屋城木造復元化。
何とかイイ折衷案はないのでしょうかね。。。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


浜松 蜂前神社

蜂前神社さんは、浜松市北区細江町、井伊家の本拠地・井伊谷から浜松の中心地へ向かう途中、方角では井伊谷から南東へ3~4Kmくらいでしょうか、大河ドラマでおなじみの気賀からは東へ2~3Kmくらいのお宮さんです。
井伊直虎さんの署状・花押が残るお宮さんで、今やそれがウリになってます。

浜松 蜂前神社 
蜂前神社

蜂前神社(直虎)

御朱印とセットで、直政さんの赤備えの兜風イラストをバックに直虎さんの花押が描かれたものを合せて500円でいただけます。
集落の鎮守のお宮さんといった感じですが、大河ドラマ効果もあって、なかなかの参拝客の数でした。
そして、オリジナルの御朱印帳やお札・お守りなど、かなりの充実具合。
この規模のお宮さんで、オリジナルの御朱印帳が売られている例はあんまり聞いたことがありません。
「大河ドラマ恐るべし」です。来年の西郷どんもスゴイことになりそうですね。。。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



遠江國井伊谷 渭伊神社

渭伊神社さんは、静岡県西部・浜松市の北部、「おんな城主」の本拠地・龍潭寺さんから歩いて10数分のところにあるお宮さんです。
井伊直虎さんの菩提寺・妙雲寺さんは徒歩2~3分のご近所さんになります。
お宮さんの奥、裏手は天白磐座遺跡になります。
少し前のパワースポットブームのころなら、もう少し話題になってもいい神秘的な感じ満々です。

遠江國井伊谷 渭伊神社 
渭伊神社

なかなか味わい深い文字、、、シブさが際立ちます。

しかし“渭伊”という何故こんな難しい漢字を使うのでしょうか?
いろいろ観光資料を見てもこのあたりは書いてません。
有識者に教えていただきたいです。そもそも「渭」ってのはどういう意味なん?




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国




遠江國井伊谷 妙雲寺

妙雲寺さんは、静岡県西部・浜松市の北部、「おんな城主」の本拠地・龍潭寺さんから歩いて十数分のところにあるお寺さんです。
田舎のちょっとしたお寺さんといった感じ、境内もお堂も立派です。
お寺さんは、大河ドラマでおなじみ、南渓和尚が開山、井伊直虎さんが晩年を過ごし菩提寺になったところです。
お堂の中には、直虎ゆかりのものが並び、なかなかの充実ぶりだったりします。
大河ドラマ効果もあり、団体のお客さんはじめ、お詣りの方々がたくさんいらっしゃいました。

遠江國井伊谷 妙雲寺 
井伊谷妙雲寺

妙雲寺さんの近くには、井伊家ゆかりの渭伊神社や天白磐座遺跡も近くにあるのですが、駐車を規制しているのか、パーキングスペースがありません。龍潭寺さんのお隣、井伊谷宮さんで、妙雲寺さんへのアクセスを伺ったところ、歩いて10数分、もしくは「地域遺産センター」に駐車することを勧められました。
大河ドラマで人気の観光スポットとなった井伊谷ですが、特に車で出かけられる方は、事前に駐車状況を確認した方が良いかもです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国





プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。