伊勢國津城址鎮座 高山神社

三重県の県庁所在地・津、その中心地、市役所近くにあるお城公園に津城跡があり、高山神社は、そのちょっと裏になります。
そして、高山神社は津城主となる藤堂高虎をご祭神としているお宮さんです。

伊勢國津城址鎮座 高山神社 
高山神社2


お城公園には、戦国武将銅像カッコイイランキングの上位(予想)ランカーの藤堂高虎像があります。
メチャクチャ、カッコイイ銅像なのに、大体、いろいろな媒体にでてくる画像は、今治城天守のやつばかり。
まあ、築城名人と紹介したいから仕方がないのか、ちょっとだけ口惜しいです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


スポンサーサイト

桑名城本丸 鎮国守国神社

三重県北東部、桑名市にあります桑名城跡・九華公園のお宮さんです。
桑名藩祖・松平定綱とその父・定信をお祀りした神社です。
桑名は東海道の宿場町、ひとつ東は熱田の宮宿です。
そんなことから公園内には「七里の渡し」の碑があったりします。

桑名城本丸 鎮国守国神社 
桑名鎮国守国神社

正直、松平定信・定綱といわれても、どんな人物だったのか、よくわかりません。
公園駐車場には、徳川四天王のひとり、おなじみ本多忠勝の銅像があります。
本多忠勝の晩年、桑名城主だったことから、銅像ができたのでしょうが、これが、なかなかの恰好良さです。

九華公園はスゴく整備されたキレイな公園です。立派なお花が整っていたり、謎の復元天守など無かったり、かなり好感が持てます。
このあたり=愛知県西部から三重県北東部の自治体はホントに金持ちって感じ、その実力が見える公園です。
そりゃ、ヘンな市町村合併はしないわな。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


知多東浦 乾坤院

乾坤院(けんこんいん)さんは、愛知県南西部、知多半島の根っこのちょい東側、東浦町にありますお寺さんです。
織田・松平・徳川さんにゆかり深い水野氏の居城・緒川城の守護として建てられたとのことですが、今は、徳川家康の生母・於大の方ゆかりの寺として推しているよう。隣接の公園の名前は「於大公園」、そういうことです。


知多東浦 乾坤院 
乾坤院

お寺さんの山号は「宇宙山」。
御朱印いただくときに、玄関先で流れていた音楽はYMO「サーカスのテーマ」からの「ファイアー・クラッカー」、なかなかのファンタジー加減です。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の与太話展開はまだ止まぬようですが、楽しみは、於大の方を誰が演じて、家康と築山殿とどう絡むか、これくらいでしょうか。
内野聖陽さん、安倍サダヲさんと連続してオモシロキャストとなった家康公。
もうカッコイイ大御所さまのイメージは無理ですね。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国

八事山 興正寺

興正寺さんは、名古屋市東部、昭和区の東の端、八事にあります五重塔で(名古屋市民には)有名なお寺さんです。
昔から月に何度か境内にお店・朝市がでてましたが、知らないうちに「興正寺マルシェ」などと呼ばれている(呼んでいる?)ようです。
尾張徳川家の祈願所としてその歴史も古く、また、数々のトップアスリートを輩出している中京大学はお寺さんと隣接しているだけでなく、学園の運営に深く関わっています。
この八事あたりは、お寺さんだけでなく、教会があったり、中京大学だけでなく、数々の名古屋の老舗大学が密集しているという、ちょっとした文化地区であったりもするわけです。

八事山 興正寺 
八事山興正寺


実は、八事は昔、私がいたトコロ。
昔は市電の終着駅。火葬場&お墓とジャスコと大学と興正寺しか無く、名古屋まつりの花電車が来ただけで大騒ぎだったような。
それが、地下鉄鶴舞線の終着駅になり、かに道楽ができ、お隣の雲雀ケ丘にステーキあさくまができ、コメダ珈琲ができると大分賑やかになりましたかね。
そして、お寺さんにいったのは、何十年ぶりだろうか、、、五重塔の前に大仏さまができてました。あと、興正寺公園の富士山滑り台が無くなってました。名古屋の公園に「富士山滑り台」が無くてどうするんだと心の中で叫んだのはどうでもイイコト。

そういえば、興正寺さんもちょっと前にスキャンダラスなことありましたかね。名古屋の名刹は最近事件が多いです。
噂の高野山からの派遣プレハブ本堂は、まだありましたよ。
高野山に戻るにせよ、単立寺院になるにせよ、早く決着してもらいたいです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国




上野 寛永寺・上野東照宮

言わずと知れた江戸城の鬼門鎮護のお寺さん、寛永寺&東照宮さんです。
江戸時代までは、現在の上野公園は寛永寺さんの寺領、全盛期には上野公園の2倍が寺領だったというから驚きです。
しかし、上野公園は花見の時期だけでなく、それ以外でも人がいっぱいでスゴイですね。
元々人ごみが苦手な私にとって、東京の観光名所に行くときは勇気と覚悟がいるもんです。

上野 寛永寺 
寛永寺2

上野東照宮 
上野東照宮2

で、覚悟を決めて上野まで行った理由は、元は寛永寺本坊・根本中堂があったとされる東京国立博物館でやっている「茶の湯展」を観に行くため。
見事、NHKの番組(なんちゃらガレリア?)に感化されてしまいました。
しかし、朝の開門前からスゴイ人、チケット売り場前で並ぶだけで疲れてしまいました。
チケット買えたと思ったら、今度は展示されている平成館の前でまた行列、結局、博物館到着から小一時間してようやく入館できました。
目玉の曜変天目やら油滴天目にも人が群がり、なかなかお目にするまで大変でございました。
茶器だけでなく、長谷川等伯の利休居士の肖像画や山上宗二記、古田織部の燕庵の原寸模型など、「へうげもの」で見た世界が、戦国時代の大名・大商人たちの社交場が、目の前で(!)楽しめたりします。
これだけの品が一堂に会することもないでしょうから、大変、貴重な機会だったと思います。

でも、最後、帰る頃=お昼過ぎには行列などなかったので、多分、同時開催のお茶席目当ての方が朝になだれ込んだのが原因かも、時間があってゆっくり見たい人は、お昼過ぎからでいいかもです。

しかし、東京国立博物館は寛永寺、京都は大仏、奈良は興福寺の敷地と、どういう経緯でこれらが国立博物館になったんでしょうか、、、



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR