上野 寛永寺 御朱印帳

江戸の鬼門鎮護、寛永寺でいただける御朱印帳です。
寛永寺さんの山号は東叡山=東の比叡山ということでしょうか、さすが天海さま(あまみさんではない)。


上野 寛永寺 御朱印帳 
寛永寺御朱印帳

御朱印帳は、シンプルすぎるつくり、個人的には大好きです。
御朱印帳はこれくらいでいいんじゃないかと思います。
ちょっとだけ言えば、三葉葵紋はひとつでもよかったような気が、、、
写真の紺色タイプのほか、色違いがいくつかあったかと思います。

上野は築城の名人・江戸城も築いた藤堂高虎の屋敷があったところ。
「上野」の地名は彼のゆかりの地・伊賀上野からきているとか、いないとか、、、
今や伊賀の人以外は、伊賀の上野をわざわざ伊賀をつけて、伊賀上野と呼び、江戸のはずれか武蔵かの上野を単独で「上野」と呼ぶ始末。
はやく首都を移転した方が良いかもです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国




スポンサーサイト

静岡浅間神社

静岡市の中心部、駿府城近くのお宮さんです。
広い境内には、いくつもの社殿があり、小高い山の上にもいくつかお社があったりします。
人質時代の徳川家康は、烏帽子親を今川義元として、ここで元服を行ったとのこと。
人質だったとはいえ、竹千代さん、雪斎和尚に教えを乞うたり、元服したり、偏諱をもらったり、なかなかの厚遇だったのかなとか思ったりします。

静岡浅間神社 
静岡浅間神社3

静岡浅間神社(大歳御祖神社) 
静岡浅間神社・大歳御祖神社

さらに家康さん、武田攻めの際に、ここで戦勝祈願をしたそうですが、近くにあった敵城砦攻略のため、再建を誓って社殿を焼き払ったとのこと。
そして、駿河遠州を治めるようになり、社殿を再建したとのこと。
というのが、お宮さんの御由緒・縁起書きにありましたが、正直、イメージできないですね。

今川家ってのは、桶狭間のあと、どうなっていったんでしょう?
このあたり、今年(2017年)の大河ドラマで描かれるかと思ったら、永遠に続く田舎の与太話ばかり、、、
ちょっと前、Eテレの知恵泉で今川義元のことやってましたが、こっちの方が断然、おもしろい。
「おんなナンチャラ」いつまで続くのかな、、、


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国

今川家菩提寺 臨済寺

臨済寺さんは、静岡市中心部、駿府城跡から北西、静岡浅間神社の近くにあるお寺さん、竹千代手習いの場にして、今川義元公の菩提寺です。
普段は修行のお寺さんですので一般参拝できないそうですが、年に2回(5月と10月)に特別公開され、その5月にお詣りしてきました。

臨済寺(南無無量壽仏) 
臨済寺2(南無無量寿佛)

臨済寺(摩利支尊天) 
臨済寺2(摩利支尊天)

これで、昨年10月と今回の特別参拝で2回目の参拝となりましたが、相変わらずのスゴイ人。
御朱印いただく列もスゴイことになってました。
まあ、致し方ないことですが、御朱印の手際の悪さ・要領の悪さが目立ちます。
受付する人、御朱印帳に印する人、文字書いていく人が分担されているものの、並びがバラバラ。
印が押された御朱印帳が積みあがったものの、下から順番じゃなく上から筆入れされるので、順番がおかしくなる、といった去年も観た同じ光景が、そこに。。。
年に2回のことに、そうお手間をかけるのはって感じですが、まあ、列や人員配置を整理するなり、番号札・整理券を準備するなりしないと不公平感、ストレスが重なっていくばかり。
智慧の最高峰、御仏の前での平等のため修行されているのですから、ちょっとは考えないと、、、
なんて思った参拝でした。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


佐佳枝廼社

佐佳枝廼社(さかえのやしろ)さんは、福井市の中心街に位置する福井城跡・福井県庁近くにあるお宮さんです。
別名・越前東照宮というとおり、徳川家康公をお祀りしております。
さらには、福井藩祖の結城秀康公、そして幕末維新の賢人・松平春嶽公をお祀りしているお宮さんだったりします。
近くの福井城址・福井県庁には、あの悪名高い結城秀康像がありますので、お宮さんにお参りした際は、是非、そちらにも足を運んでみてください(決して結城秀康が悪いわけでなく、秀康像がブザマなだけ)。

佐佳枝廼社 
佐佳枝廼社

こうやって、戦国時代や武将が好きで、ゆかりのお宮さんの参拝を目指して、城跡に行ったりするなかで、神様になった武将(というより藩祖)が決して少なくないということが、ようやくわかってきました。そして、それらが神社として成立したのが、大体、明治の初期の頃ということも。
専門家や歴史家からすれば、なんてことないことも、あるいは、少しだけ冷静になって考えればわかることも、気づいた瞬間は何ともいえない気持ちになるものです。
室町時代の終わりから江戸時代初期をおっかけていたつもりが、かなり幕末維新に引きずられていたのかと思うと、ちょっとだけ冷めちゃったりして、、、
特に、この佐佳枝廼社近くの結城秀康像を見ながら、ふと、思ってしまったのでね、ハイ。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


伊勢國津城址鎮座 高山神社

三重県の県庁所在地・津、その中心地、市役所近くにあるお城公園に津城跡があり、高山神社は、そのちょっと裏になります。
そして、高山神社は津城主となる藤堂高虎をご祭神としているお宮さんです。

伊勢國津城址鎮座 高山神社 
高山神社2


お城公園には、戦国武将銅像カッコイイランキングの上位(予想)ランカーの藤堂高虎像があります。
メチャクチャ、カッコイイ銅像なのに、大体、いろいろな媒体にでてくる画像は、今治城天守のやつばかり。
まあ、築城名人と紹介したいから仕方がないのか、ちょっとだけ口惜しいです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR