美濃赤坂 御勝山 安楽寺

安楽寺さんは、岐阜県南西部、大垣市の美濃赤坂駅すぐにあるお寺さんです。
ここは、徳川家康さんが関ヶ原合戦直前に陣を布いたトコロであり、安楽寺さんでは必勝祈願もしたと言われています。
関ヶ原の合戦前、杭瀬川で西軍に大敗した東軍が直後の関ヶ原で勝利したことにより、このお山を「岡山」から「お勝山」と神君が改称させたということです。
なるほど、お寺さんの境内には、三葉葵の御紋がたくさんあったり、戦勝品として持ってきた大谷吉継の梵鐘などがあったりします。

御勝山 安楽寺 
赤阪安楽寺


お寺さんは西美濃三十三霊場の二十一番札所となってます。
さすがに、山号までは「お勝山」ではないようです。
そのお勝山について、お寺さんで御朱印をいただく際に伺いましたが、今では、基本、入山禁止だそうです。
こちらのお寺さんから、伺った理由を問われたので、映画「関ヶ原」を観て、赤阪岡山本陣を訪ねたくなった旨、答えました。
お寺さんにとっては、聖徳太子創建、壬申の乱の際には大海人皇子が祈願し勝利を納めた古刹であり、「岡山」というのにもちょっとしたものがあるとのことでした。どういう意味なんでしょう?

ちなみに、映画「関ヶ原」では、赤阪岡山本陣のシーンは、ラストサムライの書写山圓教寺と佐和山麓の大洞弁財天でロケしたようですね。
書写山は官兵衛さんが羽柴軍をリードしたトコロ、佐和山にいたっては三成さんの居城。。。。
コレ、わざとなんですかね?




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



スポンサーサイト

浜松 蜂前神社

蜂前神社さんは、浜松市北区細江町、井伊家の本拠地・井伊谷から浜松の中心地へ向かう途中、方角では井伊谷から南東へ3~4Kmくらいでしょうか、大河ドラマでおなじみの気賀からは東へ2~3Kmくらいのお宮さんです。
井伊直虎さんの署状・花押が残るお宮さんで、今やそれがウリになってます。

浜松 蜂前神社 
蜂前神社

蜂前神社(直虎)

御朱印とセットで、直政さんの赤備えの兜風イラストをバックに直虎さんの花押が描かれたものを合せて500円でいただけます。
集落の鎮守のお宮さんといった感じですが、大河ドラマ効果もあって、なかなかの参拝客の数でした。
そして、オリジナルの御朱印帳やお札・お守りなど、かなりの充実具合。
この規模のお宮さんで、オリジナルの御朱印帳が売られている例はあんまり聞いたことがありません。
「大河ドラマ恐るべし」です。来年の西郷どんもスゴイことになりそうですね。。。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



遠江國井伊谷 渭伊神社

渭伊神社さんは、静岡県西部・浜松市の北部、「おんな城主」の本拠地・龍潭寺さんから歩いて10数分のところにあるお宮さんです。
井伊直虎さんの菩提寺・妙雲寺さんは徒歩2~3分のご近所さんになります。
お宮さんの奥、裏手は天白磐座遺跡になります。
少し前のパワースポットブームのころなら、もう少し話題になってもいい神秘的な感じ満々です。

遠江國井伊谷 渭伊神社 
渭伊神社

なかなか味わい深い文字、、、シブさが際立ちます。

しかし“渭伊”という何故こんな難しい漢字を使うのでしょうか?
いろいろ観光資料を見てもこのあたりは書いてません。
有識者に教えていただきたいです。そもそも「渭」ってのはどういう意味なん?




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国




遠江國井伊谷 妙雲寺

妙雲寺さんは、静岡県西部・浜松市の北部、「おんな城主」の本拠地・龍潭寺さんから歩いて十数分のところにあるお寺さんです。
田舎のちょっとしたお寺さんといった感じ、境内もお堂も立派です。
お寺さんは、大河ドラマでおなじみ、南渓和尚が開山、井伊直虎さんが晩年を過ごし菩提寺になったところです。
お堂の中には、直虎ゆかりのものが並び、なかなかの充実ぶりだったりします。
大河ドラマ効果もあり、団体のお客さんはじめ、お詣りの方々がたくさんいらっしゃいました。

遠江國井伊谷 妙雲寺 
井伊谷妙雲寺

妙雲寺さんの近くには、井伊家ゆかりの渭伊神社や天白磐座遺跡も近くにあるのですが、駐車を規制しているのか、パーキングスペースがありません。龍潭寺さんのお隣、井伊谷宮さんで、妙雲寺さんへのアクセスを伺ったところ、歩いて10数分、もしくは「地域遺産センター」に駐車することを勧められました。
大河ドラマで人気の観光スポットとなった井伊谷ですが、特に車で出かけられる方は、事前に駐車状況を確認した方が良いかもです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国





浜松引佐 井伊谷宮

井伊谷宮さんは、静岡県西部・浜松市の北部、「おんな城主」の本拠地・龍潭寺さんのお隣のお宮さんで、正直、境目はわかりません。
新東名高速・浜松いなさICを出て南下、数分で到着します。
大河ドラマ効果もあって、こちらのお宮さんへも参拝される方がたくさん・たくさんです。

浜松引佐 井伊谷宮 
井伊谷宮


お宮さんのご祭神は、後醍醐天皇の皇子・宗良親王、征東将軍として活躍したそうです。
境内奥には御墓もあったりします。
井伊家との関係は、伊勢から陸奥へ向かう際に遠江に漂着し、身を寄せたのが井伊家だったとのことです。

井伊谷宮さんは、龍潭寺さんのお隣ですし、ちょっとした駐車場もあったりしますので、車で来られる方にとって問題ないかもですが、井伊谷をまわっていくのには結構距離あったり、その他のスポットに駐車場が無かったりしますので、車利用の方は、事前にパーキングスポットを調べていくのが良いかと思います。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR