近江日野 蒲生家菩提寺 信楽院

信楽院さんは、滋賀県南東部、蒲生郡日野町にあるお寺さん。
日野は、織田家の人質にして、信長公の娘婿=蒲生氏郷の郷です。
蒲生氏の居城であった日野城(中野城)や、蒲生氏郷像のある公園も遠くありません。
そもそも(?)地名も「蒲生郡」ですし、、、

近江日野 蒲生家菩提寺 信楽院 
信楽院


そして、蒲生家の菩提寺である信楽院さんも日野にあります。
近くには、馬見岡綿向神社や観光案内所も兼ねた日野まちかど感応館もあったりします。
お寺さんはと言えば、本堂の天井にでっかい龍の絵があったり、彫刻装飾が見事な山門など、見応えあるものがいっぱい。
馬見岡綿向神社さんも含め、正直、あんまり大きいとは言えないこの街に、これだけのお寺さんやお宮さんがあるのかと思うほど、ちょっと驚きです。

蒲生氏郷さんと言えば、会津若松だったり、松阪(松坂)だったり、住んだ町名に「松」の字をつけがち。
ちょっと前、その会津若松に氏郷さんのお墓に行ったのですが、御朱印はお寺の方不在のため、頂けず。
遠くないうちに、再挑戦したいですね。
会津、、、イイ街だったな、東北の町で冷たくされた記憶がないです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


スポンサーサイト

近江日野 馬見岡綿向神社

馬見岡綿向神社さんは、滋賀県南東部、蒲生郡日野町にあるお宮さん。
日野といえば、織田家に人質として入りながらも、信長公の娘を娶った、つまり娘婿となった蒲生氏郷の郷となります。
お宮さんも蒲生氏の居城であった日野城(中野城)も近かったり、仏像の広目天さんのような蒲生氏郷像のある公園も(ちょっとだけ遠いですが)あったりします。

近江日野 馬見岡綿向神社 
馬見岡綿向神社

お宮さんの鳥居を抜け境内を出ますと、すぐ近くに「若松の森跡」があります。
観光協会の案内板によると、このお宮さんの参道を松が覆っていたものの江戸時代中期に枯れてしまったとのこと。
蒲生氏郷が移封された会津・黒川の地名を「若松」にかえたのも、この故郷の松を懐かしんでらしいです。また、同様に伊勢松坂(松阪)の“松”もそうらしいです。どんだけ、松が好きなのか。。。
しかし、こうも簡単に地名を変えるにしろ、現在までその地名が生きていたりするわけで、蒲生さんの名君ぶりがちょっとだけ垣間見える話なのかもしれません。

国道477号を走らせ、カーナビどおり、信じられないくらい細いあぜ道を曲がれば、お宮さんへたどり着きますが、ちょっとだけ広い道沿いを何回かカーブすれば、大きな車でもゆったり車で来れますので安心です。
カーナビだけに頼るのはダメだとは思いますが、もう少し、現地案内板もやさしくしてもらいたいです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


越前北ノ庄 柴田神社

柴田神社は、福井市の中心部、役所近く、北ノ庄城址にありますお宮さんです。
織田家筆頭家老・柴田勝家、信長公の妹君・お市の方、そして浅井三姉妹(茶々・初・江)をお祀りしています。
ちょっと意味がわかりませんが、お宮さんは「絆の宮」というのを推しているようです。
そして、絶世の美女・母娘ということで「美・祈願」もあるようで、、、


越前北ノ庄 柴田神社 
柴田神社2(見開き)

これ、最近、見開きバージョンにしたのですかね。
ちなみに、以前、いただいたのは、単品シングルバージョンでした。

柴田神社


増えたのは「三姉妹神社」そのものとともに、それぞれの嫁ぎ先の家紋でしょうか。
柴田神社には結び雁金、三姉妹神社には太閤桐(豊臣)、平四つ目結(京極)、そして三葉葵(徳川)となってます。
五七桐が太閤桐になっているのが、なかなか凝っている感じです。

それにしても、なかなかの達筆。
印刷ではありません、素晴らしいバランスです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


安土城跡摠見寺・沙沙貴神社・浄厳院 【(勝手に)御朱印de信長のお城】

年に1度は攻めたくなる安土城。
なかなか行ける機会も少ないのですが、たまに行くと摠見寺の御朱印事情も含め変わっていっていることがわかります。
昨年は、書置きのものがあるだけだったと思いますが、この3月に伺ったときは、御朱印も2種類になり、直接書いていただけるようになったかと思います。さらにオリジナルの御朱印帳もいただけるよう(しかも3種類も)になり、カスタマーサービスの向上が止まりません。

安土城跡摠見寺(大悲殿)
安土城跡摠見寺(大悲殿)

安土城跡摠見寺(天下布武)
安土城跡摠見寺(天下布武)


安土城というか、お城を実効支配している摠見寺さんのCSは向上してますが、安土城下はどうなんでしょうかね。
安土駅近くの資料館や、繖山の麓にある博物館なんかは、あまり変わり映えしないかな、、、
まあ、でも「信長の館」の復元天守はいつ見てもスゴイですね。
安土山でアレを見たいのはやまやまですが、どこかのテーマパークあたりがアレを屋外で復元してほしいと思うのは贅沢ですかね。

沙沙貴神社 
沙沙貴神社

浄厳院 
浄厳院

安土城下は、本能寺の変後、近江八幡への「八幡越し」がなされたとは言え、現在も寂しい街です。
何かのきっかけで「大観光地」にとはいかないまでも、関ヶ原くらいの面白い街になるように努力してほしいものです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国

沙沙貴神社

JR安土駅より徒歩20分程度のお宮さん。
お宮さんのご由緒書きによると、そこは六角氏につながる佐佐木源氏発祥の地とのこと。
鎌倉時代はじめから、信長公に追われるまでのおよそ400年弱、ずっと近江の守護だったというわけですね。

沙沙貴神社 
沙沙貴神社

お宮さんの住所は安土町常楽寺一番地。
信長公記に度々でてくる「常楽寺」っていうお寺さんがあるのかどうか、御朱印いただいた方に伺ったところ、お寺さんのことはわからないといわれました。
安土城址にいる観光案内ボランティアのおじさんにも「信長公記に相撲大会とかで出てくる常楽寺ってのは、現在もあるのか」と尋ねたところ、「何故、相撲大会を催したかご存知か」と話を変えられました。

結局、お寺さんとしてあるのか・ないのか、わからずじまい。
誰か、知っている人いたら教えてほしい「常楽寺」。。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR