善光寺大勧進

善光寺山門手前、天台宗の本山が大勧進。
善光寺自体は無宗派の単立寺院。
石畳すぐの大本願は浄土宗。
宗派ってむずかしいですね。

善光寺大勧進(善光寺如来)
善光寺大勧進(善光寺如来)

善光寺大勧進(不動尊)
善光寺大勧進(不動尊)

川中島の戦い以来、信濃→甲府→岐阜→尾張→浜松→甲府→京都→信濃と移り、武田信玄、上杉謙信、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉という戦国トップスターが揃って関わったという善光寺如来って、なんだかスゴイね。
また、関わった武将が祟られたかのように命を落とすってのもおそろしやです。
スポンサーサイト

方広寺

その昔、大仏があったところ。
今は豊国神社に隣接しています。

方広寺
方広寺

豊臣秀吉により、奈良よりひと回り大きい大仏と大仏殿が建立されたものの、翌年の大地震により崩壊。
再建に際し、大きさだけでなく、日本最古の仏さまを大仏胎中におさめようとし、善光寺如来を甲斐から京都へ。
移動後、秀吉は体調を崩し、夢の中に善光寺如来が現れ、信濃に帰りたいといったという。
信濃の善光寺へ戻そうと京都から送った翌日、秀吉は死んでしまったとのことです。

方広寺には大阪の陣のきっかけとされるイチャモンの鐘もありますし、阿弥陀ヶ峯の豊国廟もビックリするほど地味です。
徳川の世が終わって多くの時間が過ぎていきましたが、もう少し、太閤さんのご威光を復活させてもよいかと思います。

鴨江寺

家康出世の浜松城や浜松駅からも近くにあるお寺さん。
すごく立派でかつ近代的なイメージがあります。

鴨江寺
鴨江寺

織田信雄によって尾張甚目寺に移された善光寺如来は、同盟であった徳川家康によって鴨江寺に移されたとのこと。
理由は「同じ阿弥陀如来を本尊にしているお寺さんに移したほうがよいだろう」とのこと。
イマイチ理解できないですね、、、
ただ、間もなく甲斐善光寺へ戻してしまったそうですね。
こっちの理由は、善光寺如来を手元においた武将の行く末をみたら、何となくわかりそうですが。。。

甚目寺観音

尾張四観音のひとつ。

信長が伊奈波に善光寺本尊を移した数ヶ月後、本能寺の変で討たれ、これを善光寺本尊の怒りを買ったためとおそれた信長の弟・信雄がこの甚目寺に善光寺本尊を移したことで知られています。
なんでも甚目寺は飛鳥時代からの古刹で、ご本尊の聖観音菩薩は、善光寺本尊と同時に日本に伝来したもので、一緒にお祀りすることで怒りをおさめようとしたとのことです。

甚目寺観音
甚目寺観音

本当に立派なお寺さん。
ご本尊の観音様の横に善光寺如来様もあったような気がしましたが、、、

尾張四観音(笠寺観音・龍泉寺・荒子観音・甚目寺観音)は家康が名古屋城築城の際に鬼門を鎮護するものとしたとされていますが、それ以前にもそれぞれ戦国武将にゆかりある舞台となってます。

岐阜善光寺

武田家を滅ぼした織田信長が、甲斐善光寺にあった善光寺如来を岐阜城近くの伊奈波に移しすことで、伊奈波善光寺を建立。
今の岐阜善光寺です。
岐阜善光寺は岐阜城つまり稲葉山にほど近く、斎藤道三の稲葉山城の鎮守である伊奈波神社に隣接しています。

岐阜善光寺
岐阜善光寺

参拝客は伊奈波神社に流れがちで、どうも善光寺さんには歩が悪そう。
もう少しプロモーションしても良いかと思います。
プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR