関東総鎮守 箱根神社

関東の観光地代表、元箱根に御鎮座されます箱根大権現さまです。
富士山をバックに芦ノ湖に浮かぶ真っ赤な鳥居は、日本観光の象徴かと思います。
その歴史は神話の時代からでしょうが、戦国期では後北条家や徳川家康による崇敬も篤かったとか。

関東総鎮守 箱根神社 
箱根神社

九頭竜神社 
箱根神社(九頭龍神社)

箱根神社の境内には、九頭竜神社の新宮がありますが、本宮は西へ数キロいったところにあるようです。
歩いて30分くらいだそうですが、一般車両の乗り込みはできないようですので、時間の無い人には難しそうですね。

箱根神社(恵比寿神)  
箱根神社(恵比寿神)

箱根七福神とありますが、その他の神さまはどこにいらっしゃるのか、よくわかりません。
昔からあったんでしょうか。

箱根神社の境内、駐車場近くにも、ちょっとしたお土産売り場や食堂がありました。
そこにも外国人がいっぱい、さすが観光日本代表です。
東南アジア方面の言葉は、やわらかくてやさしい感じ、わかってらっしゃる。
中華系&半島系はケタタマシイ&コワイ感じ、でも、うどんくらい静かにいただけないものか。
でも観光地のうどん屋さんが中国語しゃべるをはじめてみました。さすが観光日本代表です。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


スポンサーサイト

小田原城内鎮座 報徳二宮神社

小田原城内、二の丸に御鎮座されるお宮さんです。
天守を下り、謎のチビッコ機関車エリアを横に抜けるとすぐにお宮さんが見えます。
小田原にゆかりのある二宮金次郎さん=二宮尊徳翁をご祭神とするお宮さんとのことです。

小田原城内鎮座 報徳二宮神社 
報徳二宮神社2

境内には小洒落たカフェなんかもあったりします。さすが、関東のお宮さんって感じです。
これが、我が街・名古屋ならば、「ういろう茶屋」か「かまぼこうどん」のお店になってたでしょうね。

2~3年前からはじめた御朱印めぐりですが、最近、思うことは、集印されている方に、だんだん、おじさん率が高くなってきていること。はじめた頃は、女性が多く、しかも若い女性が中心でしたが、それからちょっと年配の女性の方も再度増えだし、今は、おじさんが多くなってきた感じです。
そして、ちょっと見え出したのが、ファミリー層=親が子供を使って集印させる方たち。
もう、我慢せずに、ポケモンや仮面ライダー、プリキュア御朱印だせばいいのに、、、、完全にスタンプラリーだな。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国

小田原総鎮守 松原神社

小田原城近く、小田原宿の総鎮守のお宮さんです。後北条五代からの崇敬も篤かったと伺ってます。
お宮さんは、小田原駅から小田原城への道からは、ほんの少しだけズレていますが、ホントにお城近くにありますので、カマボコやういろう買う前にでも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

小田原総鎮守 松原神社 
松原神社

ほぼ、一年ぶりの小田原遠征でしたが、お城の周りのシニア率はより高くなってますね。
大阪城公園の外国人割合は異常ですが、小田原城のシニア率もかなりのものです。
去年は激混みだった上田城の現状はどうなっているのか。
そして、熊本城の今は。。。

気になるお城がいっぱいありすぎる。
そして、お金と時間が足りなさすぎる。。。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


村雲御所 瑞龍寺門跡

瑞龍寺さんは、滋賀県南東部、琵琶湖の南東に接する近江八幡市の象徴・八幡山の頂上にありますお寺さんです。
八幡山ロープウェイの麓駅から山頂駅まで数分といったところでしょうか。
観光案内によると、豊臣秀次さんの生母(秀吉の姉)によって、秀次の菩提を弔うため、 後陽成天皇から瑞龍寺の寺号と京都村雲の地に賜り創建、昭和に入って、京都から八幡山へ建物が移築されましたとのことです。

村雲御所 瑞龍寺門跡 
瑞龍寺

ひげ文字が見事な御首題。菊の御紋が光ります。
これまた、観光案内によると、日蓮宗唯一の門跡だということ。
門跡って、そういうこと?

お堂には、日蓮宗のお寺さんでよく見かける絵付の日蓮さん物語が見られます。
そして、奥に入ると、秀次さんの銅像がドーーーン!っとございます。
あの建物や調度品を、この山頂によく持ってきたなといった感満載ですね。

八幡山の頂上からは、ある事情があり、ロープウェイではなく、歩いて降りてきましたが、逆に結構な人たち(人数も年齢も)が歩いて登ってきてました。
山頂から麓まで歩いて降りて30分ですから、登るのはどんだけキツイか。
やっぱり高度経済成長を支えた人たちとは出来が違いますね。参りました。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


近江八幡 日牟礼八幡宮

日牟礼八幡宮さんは、滋賀県南東部、琵琶湖の南東に接する近江八幡市の象徴・八幡山の麓にありますお宮さんです。
八幡山ロープウェイの麓駅はお隣にあります。
近江八幡は殺生関白こと豊臣秀次の築いた街。
しかし、ここ近江八幡では秀次公のイメージに「殺生関白」のイメージはまるでなく、若き名君といった感じですね。

近江八幡 日牟礼八幡宮 
日牟礼八幡宮

このお宮さんのある八幡山の麓には、琵琶湖とお城や街を繋ぐ水郷とか、八幡山城周りの八丁堀があります。
このあたりにお茶屋さんがあったり、なかなかの水郷都市ぶりを今でも目の当たりすることができるので、大変、興味深いです。
近江八幡を含め、滋賀県のいろいろな都市は、それぞれホントに観光実力が高いと思います。

去年(2016年)の大河ドラマ「真田丸」の放送以来、そのイメージが少しずつ変わってきた豊臣秀次。
最近まで秀吉・秀長以外ポンコツイメージしかなかった豊臣家ですが、ここにきて、秀頼にしろ、秀次にしろ、なかなかの人物だったようで。。。
勝者の歴史からの視点を変え、違うポイントから観た本格的戦国大河ドラマが、そろそろみてみたいですね。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR