尾張一宮 法蓮寺

法蓮寺さんは、愛知県の北西部、お隣はもう岐阜県になります一宮市木曽川町にありますお寺さんです。
名鉄やJRの木曽川駅からも近くですが、今は黒田小学校となっている、山内家ゆかりの黒田城跡が近く、城跡碑近くには山内一豊さんのちっちゃい&ちっちゃい銅像があります。

尾張一宮 法蓮寺 
法蓮寺

このあたりは小さな住宅街で一方通行のところが多いながらも、JR・名鉄と二つも鉄道が通り少なくない踏切ストップの先にすぐ交差点があるという、なかなか車の運転にはハードなところ。
かつ、観光地ではないので、地元の方か、よっぽど好きな人でない限り行かないようなところです。
名古屋西部から清須、そしてこの一宮あたりには織田家臣団ゆかりの城跡が結構ありますが、濃尾平野一帯の平城というか館跡が多く、およそ「城」のイメージはないと考えていいんじゃないでしょうか。
でも、それが好きという人もいるわけで、好きな方は是非、コチラにも伺ってみては如何でしょうか。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


久しぶりの記事更新となりましたが、またマイペースでやりたいと思ってますので、宜しくどうぞ。



スポンサーサイト

甚目寺観音

名古屋の西隣、あま市の旧甚目寺町にある古刹。
この地方では「尾張四観音」として、4年に一度、恵方とされ、節分で盛り上がります。

天正10年、武田家を滅ぼし甲斐善光寺から善光寺如来さまを岐阜・伊奈波へお越しいただいた信長公が、その3か月後に本能寺の変で討たれてしまい、これを善光寺如来さまの仏罰と考えた息子・信雄は、法隆寺・四天王寺に並ぶ全国有数の古刹に移動することで鎮めたいという気持ちで、この甚目寺に移したとされています。

甚目寺観音 
甚目寺観音3

こちらのお寺さんに伺い、御朱印いただくの3回目。
過去、いただいた御朱印は、、、
甚目寺観音

甚目寺観音2

こちらのお寺さんもお不動さんや観音さまの御朱印など、いろいろあるようです。

甚目寺観音さんは、尾張四観音としてこちら名古屋では知られていますが、その他の観音さまも戦国ゆかりの地として有名です。
龍泉寺観音さんは、織田信長公の弟・信行が城(龍泉寺城)を構えたところ、笠寺観音は竹千代君の人質交換の場、荒子観音は天下の傾奇者・前田利家の出生地近くということだったりします。

このあたり、もうちょっと名古屋観光関係者は、頑張ってアピールできると思うのですが、、、




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


松阪 愛宕山 龍泉寺

三重県中部、松阪は愛宕の龍泉寺さんです。
このお寺さん、街なかにあるコンパクトなお寺さんながら、いろんな神さまもいるみたいで、なかなか賑やかなお寺さんです。
そして、松阪の町づくりの恩人にして、信長公の娘婿=蒲生氏郷さんのお墓もあったりします。
松阪の地名の名付け親、街の名に「松」つけがちの蒲生さん・その人です。

松阪 愛宕山 龍泉寺 
松阪愛宕山龍泉寺

松阪は、あまり大きい街ではありませんが、結構、観光事業に力を入れてるっぽく、松阪城や近辺の城下町風のところはなかなか雰囲気あってイイ感じだと思います。
しかし、このお寺さんの周りは、ちょっとだけオトナのエリアな感じです。
実際、夜になったところを見ていないので、何とも言えませんが、何となくそう思いました。
違っていたらごめんなさいです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


四五百之森鎮座 松阪神社・本居宣長ノ宮

三重県中央部、松阪牛でおなじみの松阪市の中心・松阪城近くに鎮座されますお宮さんです。
松阪市も観光に力を入れており、松阪城にほど近いお宮さん周辺には御城番屋敷など、なかなかいい雰囲気になってます。
お宮さんの創立は平安時代前のことらしいですが、城づくり&町づくりの名人・蒲生氏郷がここへ移邦となり、松阪城築城にあたり、お城の鎮守社としたそうです。

四五百之森鎮座 松阪神社 
松阪神社

本居宣長ノ宮 
松阪本居宣長ノ宮

松阪神社さんのお隣には、松阪市の偉人、本居宣長さんをお祀りする本居宣長ノ宮さんがあります。
わかりづらいですが、拝殿の横に参道が暗~くありますので、それぞれの参道をいちいち昇り降りしなくても大丈夫。
御朱印には、正直、何が書かれているか、まったくわかりませんが、何かイイ感じです。
そして近くにある松阪城内の本居宣長記念館の展示資料はスゴイことになってます。
比べては気の毒ですが、同じ城内にある松阪市歴史民俗資料館はもう少しガンバローって感じです。

天正十二年にこの地に移ってきた蒲生氏郷さん、十六年にはお城が完成・入城、町の名を、彼の得意技・「松」の字を入れた「松阪」と名付け、近江日野商人を住まわせたり、楽市楽座を布いたり、伊勢参道街道を松阪の真ん中に通るようにしたりして、街を発展させたそうで、、、
で、この近江日野商人が伊勢商人・松阪商人となっていき、明治期の松阪牛セールスプロモーションがあったわけなので、いま、おいしいお肉が食べられるのも、蒲生さんのおかげかもです。
こういう偉人のドラマがみたい。「おんな城主」の与太話はもうお腹いっぱいです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



近江日野 蒲生家菩提寺 信楽院

信楽院さんは、滋賀県南東部、蒲生郡日野町にあるお寺さん。
日野は、織田家の人質にして、信長公の娘婿=蒲生氏郷の郷です。
蒲生氏の居城であった日野城(中野城)や、蒲生氏郷像のある公園も遠くありません。
そもそも(?)地名も「蒲生郡」ですし、、、

近江日野 蒲生家菩提寺 信楽院 
信楽院


そして、蒲生家の菩提寺である信楽院さんも日野にあります。
近くには、馬見岡綿向神社や観光案内所も兼ねた日野まちかど感応館もあったりします。
お寺さんはと言えば、本堂の天井にでっかい龍の絵があったり、彫刻装飾が見事な山門など、見応えあるものがいっぱい。
馬見岡綿向神社さんも含め、正直、あんまり大きいとは言えないこの街に、これだけのお寺さんやお宮さんがあるのかと思うほど、ちょっと驚きです。

蒲生氏郷さんと言えば、会津若松だったり、松阪(松坂)だったり、住んだ町名に「松」の字をつけがち。
ちょっと前、その会津若松に氏郷さんのお墓に行ったのですが、御朱印はお寺の方不在のため、頂けず。
遠くないうちに、再挑戦したいですね。
会津、、、イイ街だったな、東北の町で冷たくされた記憶がないです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR