智積院

日本の首都・京都のスーパー観光地、東山区のお寺さん、真言宗智山派の総本山です。
このあたりは、豊国廟のある阿弥陀ヶ峰の麓、大仏殿の界隈だったそうです。
智積院さんの起源は、根来寺の塔頭で、秀吉による根来攻めで焼失、関ヶ原の戦いの翌年に豊国神社の付属寺院として再興かなったとのこと。
また、秀吉と淀殿の最初の子供・鶴松の菩提を弔った祥雲寺も起源としていて、大坂の陣で豊臣家が滅亡すると、祥雲寺の寺領等が智積院さんに与えられたそうです。
良くも悪くも秀吉と豊臣家に深い因縁を持つお寺さん、この場所に寺領を与えた徳川方(?)の底意地の良さもなかなかです。


智積院 
智積院

真言宗の総本山もあって、このお寺さんもいろいろな霊場の札所になってます。
また、京都の大寺院らしく、素晴らしい庭園と大きなお堂。そして、宝物館にある長谷川等伯の障壁画はスゴかもんです。
やはり、このあたりの文化・芸術のレベルはスゴイですね。
大仏を中心にした大宗教センターゆえの芸術都市なのか、宗教都市ゆえのハイレベルの芸術センターなのかはわかりませんが、こうした芸術を残していくためにも、お寺さん・お宮さんには頑張ってもらいたいし、応援もしたいですね。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

養源院

日本の首都・京都のスーパー観光地、東山区のお寺さん、三十三間堂のお隣さんになります。
秀吉公の室・淀殿が、父・浅井長政の供養のため、秀吉につくらせた浅井家の菩提寺。
大坂の陣の後、淀殿の妹にして、徳川秀忠の正室・お江さまによって、淀殿と豊臣秀頼の菩提を弔ったそうで。
ご本堂の天井は、伏見城の戦いで1000人もの徳川方が自刃した際の血痕が滲んだ廊下の板の間が用いられている「血天井」となってます。

養源院 
養源院

お隣さんが三十三間堂ということもあって、こちら養源院さんはそんなに大きくないかもと錯覚しがちですが、結構な大きさです。
秀忠公とお江さまの「菊紋」「桐紋」「葵紋」のご位牌など、見応えあるものがいっぱい。
その中でも俵屋宗達作の象・唐獅子・麒麟の杉戸絵のユニークで大胆なタッチは一度目にした方が良いかと。お庭は小堀遠州作の庭園ですし、京都国立博物館や三十三間堂などを目当てに来ている方は、相当、芸術に対する目も肥えた方だと思うので、是非、200メートル先の養源院さんに立ち寄っても損はないかと思います。

最近の大河も含めた戦国ドラマは、戦さ・政ごと・家族に色恋のみですが、茶の湯や造園・芸事など、文化的な発展を遂げたのも戦国時代だと思います。戦国マンガ「へうげもの」で、主人公・古田織部に良いように振り回される若き俵屋宗達や小堀遠州。日本らしい文化の起こりは室町時代かもしれませんが、それが発展し花開いたのは、やはり戦国時代。「へうげもの」のような和風文化中心のドラマがあっても良いかと思います。

そういえば、家康公・秀忠公のご位牌が各地にあるのは何となくわかりますが、お江さまのご位牌や供養塔が結構、各地にあるのは何で?



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


京の大仏 方廣寺 【(勝手に)御朱印de大坂の陣・番外】

日本の首都・京都のスーパー観光地・東山区にあるお寺さん。
秀吉の時代から江戸時代の寛政年間まで、何代にか渡って奈良の大仏さまを越える大きさの大仏及び大仏殿があったとのこと。
さらに、その後は、幕末前夜の天保年間から昭和48年の消失まで、スケールは小さくなったものの大仏(?)さまがあったそうです。
でも、大仏さまはいなくなっても、大仏前交番や郵便局、(大仏さまの)正面通や正面橋など、地名には大仏さまは今でも京の都におわします。

方廣寺 
方廣寺

大坂の陣のきっかけになったと言われる「方廣寺鐘銘事件」。
「国家安康」「君臣豊楽」といったところにイチャモンを付けたとのことですが、あながちイチャモンでもないとの考えもあるようです。
しかし、いずれにせよ、この年の冬から大坂攻めがはじまり、翌年には豊臣家が消滅、このあたりも荒れるにまかせることになってしまったわけです。
このお寺さんが、大坂の陣の始まりであり、終わりの地であったと言えるのかと思います。
問題となった梵鐘は今でも見えるとことでしたが、私が伺った時は、メンテナンス中で鐘楼にシートが被さったままで、その文字は確認できませんでした、残念。

京都豊国神社 
豊国神社(京都)4

大仏殿跡地に明治になってから御遷座した豊国さん、方廣寺とはお隣さんです。
立派な唐門はどう見ても、明治以前のものっぽいですが、どういうことなんだろう?
何度もお参りしたお宮さんで、おそらく一番、御朱印いただいてると思いますが、行く度に疑問が湧いて出てくるところです。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


妙法院・三十三間堂(蓮華王院) 【(勝手に)御朱印de大坂の陣・番外】

妙法院さんは、日本の首都・京都の観光定番コース・三十三間堂/京都国立博物館前を東に智積院まで突き当たったところを少し北に上ったところにあるお寺さん。豊国廟のある阿弥陀ヶ峰の麓にあります。
山号が南叡山というだけあって、起源は比叡山にあった坊だそうです。
普段は拝観はやっておらず、例年なら秋ごろに特別拝観のみらしいですが、今回は冬の特別拝観を実施していたことで幸運なことに拝観できました。
秀吉公が父母や先祖の菩提を弔うために行った「千僧供養」で、千人もの僧の食事をまかなうための巨大な庫裏は、瑞巌寺のものとともに国宝指定されています。

妙法院 
妙法院

特別拝観では堂内を拝めるだけでなく、いくつかの寺宝もみることができ、秀吉公ゆかりのものも数々展示されてます。
大坂の陣が終わって、豊国神社が壊されていく中、幕府側に協力していったのが、妙法院さんなんでしょうか。
すべてとは言わないまでも、この流れで、秀吉公の遺品を受けたというのか、守ったというのが正解かわかりませんが、いろんな意味でエライですわ。

三十三間堂(蓮華王院) 
三十三間堂(蓮華定院)

法住寺 
法住寺


元々このあたりは、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があったところ。
三十三間堂は、法住寺殿内に、後白河上皇が平清盛に建てさせたものであり、理由や経緯はよくわかりませんが、今も所属は妙法院さんのとこだそうです。

大坂の陣直前までは、方広寺大仏殿を中心にドデカイ庫裏をもつお寺さんや、千体も観音様のいる仏堂があり、お山の上には豊国廟があったり、奈良公園に日光がプラスされたようなスゴイ宗教都市だったんだと想像されます。
そんな事を想像しながら、あの辺りを歩くのは楽しいですが、如何せん、坂はシンドイ。。。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村



京都東山 高台寺・圓徳院・高台寺天満宮 【(勝手に)御朱印de大坂の陣・番外】

京都のスーパー観光地・東山&祇園エリアの代表格のひとつのお寺さん。
豊臣秀吉と正室・北政所お寧さまの菩提寺です。
境内は、かなりカッコイイお堂やお茶室が並び、特に紅葉の季節のライトアップは素晴らしいです。
そして、季節問わず、いつ行っても、観光客でいっぱいです。
外国人割合もかなり高いですが、若干、中国人割合は、他のスーパー観光地に比べると低いかもしれません。

京都東山 高台寺 
高台寺2

高台寺天満宮 
高台天神

高台寺天満宮さんは、高台寺側にちょこっとある天神さん。ゆるキャラ風の高台院さまの印がカワイイです。

圓徳院 
円徳院2

この御朱印は、おそらく平成28年版のもの。
ちなみに平成27年版は、、、

高台寺円徳院

圓徳院さんは、高台寺の塔頭のひとつ。秀吉公の念持仏の三面大黒天さまがあったり、隣の掌美術館には高台寺蒔絵や調度品など、見事なものがたくさんありますので、訪れた方がよいかと思います。

秀吉公が亡くなった1598年から、関ヶ原が1600年、徳川幕府開府が1603年、お寺さんの開山が1606年、そして、大坂の陣が1614~15年。
太閤が亡くなっても、お寧さまにご相談にくる大名たちが、よくドラマで見られますが、豊臣恩顧の大名たちは、どのような思いがあったんでしょう。
大坂の陣では、「高台院をして大坂にいたらしむべからず」と幕府側に自分の甥っ子を監視役に付けられるほどの、政治力・求心力は、戦国の母らしい逸話ではと思います。



御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR