スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和泉西国客番 南宋寺

南宋寺さんは、大阪府のど真ん中・堺市の中心地近くのお寺さん、大阪初の世界遺産(になるかも?)の百舌鳥古墳群もそんなに遠くないところになります。
お寺さんは、戦国天下人・三好長慶さんが、父・元長さんの菩提を弔うために創建されたとのこと。
そんなわけで、三好一族のお墓があったりするのですが、それだけでなく、武野紹鴎さんや千利休さん、千家一門(裏千家・表千家・武者小路千家)等、茶の湯の巨人たちの供養塔もあったりします。
また、和泉西国三十三観音の客番札所にもなってます。


和泉西国客番 南宋寺 
南宗寺2


お寺さんの境内には、大坂の陣で後藤又兵衛によって討死した家康さんの墓や、東照宮跡もあったりします。
堺では、家康さんの死因は、鯛の天ぷらの食べすぎでお亡くなりになったのでは無いようです。

昨年(2017年)、長期連載が終了し、先日、単行本最終巻が発行された戦国マンガ「へうげもの」。
主人公の武人にして、茶人の古田織部さんによるといわれる枯山水のお庭が、お寺さんの方丈前にあります。

(以下、記述はマンガのネタバレになってしまいます。ご留意・ご容赦願います。)

私自身にとって、織部さんゆかりの地についてはマンガ優先で、実際に訪れた時、はじめて「“へうげ”で見たやつだ」と実感したものですが、こと南宋寺さんにいたっては、マンガの方が後追いというか、お寺さんにお詣りしてから、マンガの方をみました。
南宋寺さんのお庭の光景は、最終回になってようやくでてきます。
それは、織部さん割腹後、上田宗箇さんと岩佐又兵衛さんがその死を疑い、彼の消息の噂を聞きつけて各所に周る中のひとつに南宋寺さんがでてくるというわけです。
宗箇さんと又兵衛さんの驚愕の表情も印象的でした。

長期にわたる連載も、ついに終わってしまったわけですが、ホントに銘作でした。
単行本最終巻の帯には、実写化計画があるとのこと。
巷では、織部さん役は、香川照之さんにとの声が多いと伺ってますが、私は4代目・市川猿之助さんに1票です。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


スポンサーサイト

吉野山 竹林院・金峯山寺

桜の名所、吉野山の宿坊です。
豊臣秀吉が亡くなって半年後、古田織部ご一行が師・利休を偲び茶会を催したのが竹林院さんとのこと。
吉野が桜の名所となって、どのくらい経つのか想像もできませんが、桜を愛でるDNAはこれからもずっと継がれていくんでしょう。


竹林院 
吉野山竹林院

境内の整備が見事な竹林院さん、御朱印は宿坊というかホテルのレセプション・フロントでいただけます。
この擦れた筆遣いがなんとも味があるというか、、、

金峯山寺蔵王堂 
金峯山寺蔵王堂

吉野山のセンターといえば、金峯山寺でしょうか。
最近では、変なアブラをまかれたりと、畏れ多い事件が。
ああいうことができるメンタリティってどうなんですかね?
何百年にわたり、数えきれない人々の想いに砂ならぬアブラかける仕業、、、怖すぎる。

吉野山もホントは今頃(桜の季節)に伺いたいですが、人ごみがやっぱりコワイですね。
死ぬまでに一度は直に見てみたいです。


御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国


プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。