FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお休みいたします。

4月でクローズする予定でしたが、あるお方からメッセージをいただきましたので、クローズせずにしばらくココを残すことといたしました。
何かの拍子で再開するかもしれませんが、しばらくお休みいたします。
また逢う日まで、さようなら。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


スポンサーサイト

今月末でクローズします

あんまり新ネタもありませんが、まだわずかにネタが残ってるので、それをアップした後、クローズします。
今月末か、来月には終了します。
ありがとうございました。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国


来月から

来月からいよいよ、記事更新できなくなりそうです。
今月末を以て、しばらくお休みいたします。
そしてクローズするかも、、

引継ぎしてくれる方、募集します。

尾張四観音 龍泉寺観音

龍泉寺観音さんは、名古屋市守山区、珍しいガイドウェイバス=ゆとりーとラインの竜泉寺口駅近くにあるお寺さんです。
創建は8世紀、千年以上の歴史のある古刹になります。
名古屋城を囲む四つの観音さまのひとつとされ、福を求める節分会では、4年に一回、恵方となり、たくさんの参拝客で賑わうそうです。


尾張四観音 龍泉寺観音 
龍泉寺観音2

このお寺さんにお詣りにいくのも2回目、以前いただいた御朱印は、、、
龍泉寺観音

前回いただいた御朱印は達筆すぎでしたが、今回のは読みやすくてイイ感じです。
でも、どうみても同じ内容ではないような気がしますが。。。

このあたりは、織田信長さんと争った弟=信行さんの龍泉寺城のあったところ。
お寺さんの境内には、天守風の建物があり、宝物館となっています。
開館は日曜祝日のみ、土曜日は開いてないので要注意です。

多分、名古屋市民にしたら竜泉寺と聞いたら、プールだったり、温泉施設だったりするのではないかと。
尾張四観音や、ましてや龍泉寺城だったりが一番には来ないと思います。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国



尾張四観音 荒子観音

荒子観音さんは、名古屋市南部、地下鉄高畑駅もしくはあおなみ線荒子駅より、ゆっくり歩いて10分強のところにあるお寺さんです。
また、荒子駅には前田利家さんとおまつさまの銅像もあったり、利家公、生誕の地と言われる富士権現天満社はこの荒子観音さんの近くにあったりします。


尾張四観音 荒子観音 
荒子観音3

荒子観音さんは、この地方では「尾張四観音」として、4年に一度、恵方とされ、節分で盛り上がります。
円空作とされる仏さまもあったりとなかなかの雰囲気です。

そして、荒子は前田家発祥の地(?)なのでしょうか。
もう少し西側へ向かった庄内川には「前田橋」という名前の橋もあったりします。
ちょっと前の大河ドラマ「利家とまつ」のころには、観光もがんばってたようで、近所のアスファルトには「犬千代ロード」なるポイントがマークされていましたが、今ではもう薄れてしまっていることが、ザンネンです。




御朱印 ブログランキングへ


神社・お寺巡り ブログランキングへ


戦国時代 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村


こちらもよろしくです。
武将銅像天国B01-2
武将銅像天国




プロフィール

Great Nagoyan

Author:Great Nagoyan
戦国武将ゆかりのお宮さん、お寺さんを紹介します。
・武将本人をご祭神とするお宮さん
・本人・一族の菩提寺
・居城、砦、館跡に建ったお宮さん、お寺さん
・城や城下町の鎮守のお宮さん
・祈願所のお宮さん
・合戦場、本陣、首級実検にあったお寺さん 等など
同じようなコンセプトの書籍が出ていますが無関係ですし、パクったつもりもありません。でも、購入してしまったので、その影響が出てないかちょっと心配。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。